ff9 ブラックジャック コマンド

ff9 ブラックジャック コマンド

木の棒と杭、そしてそれらをロープで縛りつけただけの、なんとも粗雑で急ごしらえな十字架

宗教の類に疎い康太でもその十字架の意味が分からないほど、康太はもの知らずではなかった

これは誰かの墓だ

あなたも好きかも:ツクール スロット
それが誰のものなのかはわからないが、この墓は誰かの墓なのだろう

誰かが死に、この土の下で眠っているのだろう

あなたも好きかも:パチスロ 鬼浜 爆走紅蓮隊
なぜ自分がこんなところに立っているのか、なぜ自分がこんな場所にいるのか、なぜこの墓から目を背けられないのか、康太には分らなかった

「だから言っただろう

魔術には限度というものがあるのだ」康太の背後から声がする

あなたも好きかも:スロット リング 設定 判別
聞きなれた声だった

自分が何度も聞いた声だった

だがその声は日常的に康太が聞くそれよりもずっと凛としており、康太が普段聞くそれよりも静かで沈んだものだった

振り返ると、そこには見慣れた少女が立っていた

アリシア・メリノス

康太が知るそれよりも、ほんのわずかに幼いその姿を見て、康太は目を細めた

康太が一体どういうことなのかと、ここはどこなのかと問おうとするが、康太の口は動かない

康太の体は動かない

以前迷子になった時のように、アリスに駆け寄りその助力を乞いたいところだったが、康太の体はまったく康太の思い通りに動いてはくれなかった

「お前がどれだけその身を削ろうと、お前がどれだけ魂を摩耗させようと、お前が助けられる人間には限りがあるのだ

なぜそれを理解しようとせんのか」「・・・理解はできているつもりなのです