ガンズ アンド ローゼズ 2ch

ガンズ アンド ローゼズ 2ch

「師匠・・・これってどういうことですか?私達を狙ったのか、それとも私たちが偶然巻き込まれたのか」「恐らく前者だな

駅についた時点で妙な視線が絡みついてきた

早く帰ろうとしたんだがどうやら無駄だったらしい」先程の小百合の言葉に違和感を覚えたのはここだったのかと康太と真理は小さく項垂れる

まさかあの時すでに変調を感じ取っていたとは

あなたも好きかも:ウルトラマン パチンコ 評価
それが魔術的な感知なのかそれともただ単なる彼女の勘なのかは不明だが、彼女の予想は最悪の形で的中したことになる

狙われていたとなるとちょっとやそっとではこの集団はどいてはくれないだろう

「どうするんですか?このままだとこの状態で囲まれますよ?」「悠長にもしていられんか・・・」「文さんがいれば何とかなったかもしれませんが・・・失敗しましたね・・・」周囲の人々の体を操っているのは十中八九雷属性の魔術だ

その為雷属性を得意としている文ならば多少の対処はできたかもしれない

だが運悪く彼女はこの場にはいない

そうなると進行方向にいる人間を一人ひとりどかしていかなければならないだろう

目の前にいる人間の数は十数人、これをすべてどかすとなると容易なことではないだろう

あなたも好きかも:不二子 パチンコ 199 潜伏
とはいえ車で直進してもしこの人達を轢き殺したら罪に問われるのは真理だ