ふじみ野駅 パチンコ バイト

ふじみ野駅 パチンコ バイト

名前:由比浜 風音職業:竜と獣統べる天魔之王(見習い)称号:オーガキラー・ドラゴンスレイヤー・ハイビーストサモナー・リア王・解放者(リベレイター)・守護者装備:杖『白炎』・ドラグホーントンファー×2・竜喰らいし鬼軍の鎧(真)・不滅のマント・不思議なポーチ・紅の聖柩・英霊召喚の指輪・叡智のサークレット・アイムの腕輪・白蓄魔器(改)×2・虹のネックレス・虹竜の指輪・金翅鳥の腕輪レベル:42体力:159+20魔力:401+520筋力:86+45俊敏力:90+39持久力:49+20知力:81器用さ:62スペル:『フライ』『トーチ』『ファイア』『ヒール』『ファイアストーム』『ヒーラーレイ』『ハイヒール』『黄金の黄昏[竜専用]』『ミラーシールド』『ラビットスピード』『フレアミラージュ』『テレポート』スキル:『見習い解除』『無の理』『技の手[0]』『光輪:Lv2』『進化の手[0]』『キックの悪魔:Lv2』『怒りの波動』『蹴斬波』『爆神掌』『コンセントレーション』『戦士の記憶:Lv2』『夜目』『噛み殺す一撃』『犬の嗅覚:Lv2』『ゴーレムメーカー:Lv4』『イージスシールド』『炎の理:三章』『癒しの理:四章』『空中跳び:Lv2』『キリングレッグ:Lv3』『フィアボイス:Lv2』『インビジブル』『タイガーアイ』『壁歩き』『直感:Lv3』『致命の救済』『身軽』『チャージ』『マテリアルシールド:Lv2』『情報連携:Lv3』『光学迷彩』『吸血剣』『ハイ・ダッシュ』『竜体化:Lv4[竜系統][飛属]』『リジェネレイト』『魂を砕く刃』『そっと乗せる手』『サンダーチャリオット:Lv3』『より頑丈な歯:Lv2[竜系統]』『水晶化:Lv2[竜系統]』『魔王の威圧:Lv2』『ストーンミノタウロス:Lv2』『メガビーム:Lv2』『真・空間拡張』『偽銀生成』『毒爪』『炎球[竜系統]』『キューティクル[竜系統]』『武具創造:黒炎』『食材の目利き:Lv3』『ドラゴンフェロモン[竜系統]』『ブースト』『猿の剛腕』『二刀流』『オッパイプラス』『リビングアーマー』『アラーム』『六刀流』『精神攻撃完全防御』『スパイダーウェブ』『ワイヤーカッター』『柔軟』『魔力吸収』『赤体化』『友情タッグ』『戦艦トンファー召喚』『カルラ炎』『魔物創造』『ウィングスライサー』『フェザーアタック』『ビースティング』『弾力』『イーグルアイ』『ソードレイン』『空中跳び[竜系統]』『暴風の加護』『最速ゼンラー』風音「みんな集まってるねー」弓花「いつの間に」風音「昨日、弓花たちがダンジョンに入ってる時に声かけてたんだよ」

風音と弓花の一周年記念立食パーティは、つつがなく続いていく

すでに日も落ち始めているが、不滅の水晶灯が設置された中庭は明るく、まだ帰るものも少なかった

 そのパーティには白き一団のメンバーであるライルも当然参加しており、自分の知り合いやあまり話さなかった人たちなどとも談笑しながら楽しんでいるようだった

 そしてライルが次は誰と話そうかと歩いていると、ぼんやりと端でひとり佇んでいる妹の姿に気付き声をかけた

「よお、エミリィ

あなたも好きかも:南国市 パチンコ バイト
どうしたよ?」「兄さんは楽しんでるみたいね」 声をかけられたエミリィは少しだけ笑って肩をすくめた

あなたも好きかも:違法カジノ
「まあな

そっちはどうした? ぼーっとした顔してみたいだけどよ」「ちょっと疲れただけよ」 そう口にするエミリィは確かに少し疲れた顔をしているようだった

とはいえ、エミリィがそれ以上何も言わないのであれば、ライルも立ち入るつもりもなく、そのまま話題を変えることにした

「んーそっか

しっかし、不思議なもんだよな

俺らがあいつらと会ったのは半年ちょいってところだけど一周年か

直樹はもう四年になるんだよな

遠い場所から来たってのは分かるが、よくやってると思うよ」 そのライルの言葉にはエミリィも頷いた

風音と弓花、それに直樹はこことは違う場所で生まれ育ったとふたりは聞いている

 それがどういう場所かはふたりには分からない

少なくとも風音たちのいた場所は平和で争いもなく、魔物も存在しないのだということだった

 とはいえふたりの認識からすれば、そこは精々が竜の里などと言った隠れ里のようなものかという程度しかない