スロット ぽぽ

スロット ぽぽ

“剣聖”師弟との地獄のような訓練は、まったくもって無駄ではなかったということだ

 エリルアルムは、飛来した五本の短剣をつぎつぎと叩き壊して見せると、息吹きとともに踏み込んだ

地を蹴るようにして、イデルヴェインに飛びかかる

攻撃手段をすべて見たわけではないし、能力の全容もわからないが、距離を取っている限り相手のなすがままだということはわかっているのだ

 イデルヴェインは、剣で虚空を切るだけで何本もの短剣を飛ばすという能力を持つ

しかも、剣が生み出した短剣は遠隔操作することも可能であり、それによって距離を取ってさえいれば、一方的に相手を攻撃することができるのだ

 それがわかっている以上、間合いを取り、相手の出方を窺い、能力を見切るという“待ち”の戦法は使えない

あなたも好きかも:こしあん スロット 好きな台
 エリルアルムが持久戦を得意とする類の人間ならばまだしも、そうではないのだ

あなたも好きかも:鈴鹿 イオン パチンコ
一方、相手は持久戦を大の得意とする

あなたも好きかも:劇場版まどかマギカ スロット 朝一
“核”を破壊されない限り無尽蔵に回復し続ける化け物なのだ

 ただの召喚武装使いが獅徒と戦い、勝利するには、持久戦ではなく、決戦に持ち込む以外に道はない

 だから、一足飛びにイデルヴェインの元へと飛び込んだのだが、相手もそんなことは百も承知だったのだろう

大きく飛び退きながら剣を振り回して見せると、口元に笑みを浮かべていた

虚空に華やかな剣閃が走ったかと思うと、十数本の短剣が出現し、飛来してきたものだから、エリルアルムは空中で槍を旋回させるしかなかった

「くっ……」 エリルアルムは、川の浅瀬に着地して、苦悶の声を上げた