優希 パチンコ

優希 パチンコ

「ライって世界征服を……本当に目指しているの……?」 そんな中、ライたちに尋ねるリヤン

あなたも好きかも:伊勢崎町 パチンコ 等価
確かに突然世界征服と言われたら困惑するだろう

そのような、訝しげな表情をするリヤンに向かってライは言う

あなたも好きかも:パチンコ 取り締まらない理由
「ああ、本当だ

まあ、リヤンは気にしなくても良いぞ? 力で脅して全てを手に入れるって感じの世界征服じゃないからな

基本的に一般には迷惑を掛けない」「……へえ……」 ライの言葉へ静かに返したリヤン

 何はともあれ、ダーク達との再戦は直ぐに来そうである

あなたも好きかも:シティ プラザ パチンコ
 そして次に、リヤンへの説明を終えたライはレイ、エマ、フォンセの方を向いた

「で、問題は魔族の国……といっても目の前にある街だが……そこの構造やらなんやかんやを俺たちは知らない……さて、どうしたものか……」 ライが悩んでいるのは街の構造や広さ、何処《どこ》に何があるか、だ

 悩むライに向かい、フォンセが提案する

「まあ、取り敢えず街に向かうってのが一番の得策だろうな」「ああ、俺が考えていたのは街を偵察する事……

だが、魔族の国は血気盛んな奴等が多いって言っていたし、全員で行くとところ構わず喧嘩を売られそうだ……そこが問題なんだよな……」 ライもフォンセの言葉に頷いて返す

 そう、ライが懸念していたのは魔族の国へ、『如何《いか》に目立つ事無く入れるか』

 湖の力やフォンセの治療魔法によって体力や傷を回復できたとはいえ、ダーク達のような強者《つわもの》と戦闘をしたのだ

 魔王を宿しているライやヴァンパイアのエマはまだしも、レイやフォンセはまだまだ未熟である

 ライも未熟だが、先程述べたように魔王を宿している

 だから傷の治りや、疲れなどが取れるのが早い

ヴァンパイアは言わずもがな、だ