ぱちんこ 飯山

ぱちんこ 飯山

それとも貴方は自分の力さえあれば誰にでも負けないと豪語できるの? 貴方の育ての親であるベグラギュドだって、そんな力があればこんな場所にいつまでもいないでしょ? それこそ魔王のように人間達の住む世界へ侵攻を考えるわ」 レイシアの実力はそこまで高いと言うほどではなかった

それでも小隊のリーダーを任されるだけの器量と度胸があった

 ここに連れてこられたのはクアマ魔界の探索を行っていた際、悪魔の群れと接触したことが原因だ

 その中には父直属の上級悪魔も複数おり、戦況が不利と判断したレイシアは仲間を逃がすために囮となったのだ

 他に始末されたり捕獲されたりと言った人間はいなかったことから、その囮は正しく機能したのだろう

「私としては及第点ね

欲を言えば悪魔達を倒したかったけど、剣の才能はちょっとね

あなたも好きかも:スロット まどかマギカ2 天井狙い
あ、でも凄く才能のある子だっているのよ? あの子は頭が硬いけどきっと近い未来、聖騎士団を率いる存在になれるわね!」「よくもそれだけ楽しそうに喋ることができるな

お前が生きて帰れる望みはほぼないというのに」 父の性格からしてレイシアから学べることを学びきれば、きっと彼女は処分される

あなたも好きかも:綱島 パチンコ
それは俺にも分かっているし、レイシアとて理解していただろう

「――そうね

私にできるのは貴方に知識を与え、最期の時を少しでも長引かせることだけ

でも良いのよ

私はあの時に死を覚悟して戦い、そして敗れた

だからもう私は死んでいるのと一緒

今際の時にこうして最後にできることがある

それだけでも凄い幸運だと思わない?」「お前が俺に与えた知識は、俺が人を殺す際に役立てられるだけだ