パチンコ スロット アニソン

パチンコ スロット アニソン

カメラは三個あればいいし……あとマイク

あなたも好きかも:プラザ パチンコ
できれば赤外線カメラも欲しいトコだなぁー……」 独り言のように呟きながらスマートフォンにメモを残していく白川に、生美はテーブルに肘をついて顎を乗せた

「カメラとマイクねぇ……

あなたも好きかも:スロット 実機 安い
まあ、確かに新聞部の五十嵐先輩にも勧められたけど

バレた時はオオゴトになっちゃうわよ?」「バレないようにするから“隠しカメラ”と“隠しマイク”なんじゃーん」 白川は暢気な様子で振り返ってニッと笑った

「任せといて

あなたも好きかも:スロット 所沢 優良
おまえらでもわからないようなトコに忍ばせて置くからさー」「白川っ、テーブルの下にも一個頼む!」 手を合わせてお願いをする洋一に、「……なんで必要なのよ?」と言わんばかりに生美は目を据わらせる

「それはそうと……」 立花は雑に広げられた依頼書の束を数枚すくい上げるように取って洋一を窺った

「この前のアレ、どうする?」「アレ?」「ああ

……前の奉仕屋のヤツ」「あー……、それか」 洋一は視線を上に向けて椅子に深くもたれた

「ボチボチやっていかなくちゃなぁ……

とは言っても、“あいつ”もまだ全てを吐き切れてない気がするし」 ――先日、行きつけの店で優樹が教えてくれた話し

実際の所、みんなの中では「素行の悪い生徒がいて、奉仕屋に注意され、連れの暴走族に仕返しを頼んだのだろう」と漠然と考えていたのだが……

教師たちも絡んでいる、という優樹の発言が本当なら、「子ども同士の喧嘩」では済まない話しだ

しかも、相手が権力を持っているのなら尚更

 あの話しの後、気分を変えようと「みんなで協力すれば怖いものなんてない!」と笑って話を終わらせたが、しかし、内心では正直不安もあった

優樹がどうして高等部に上がってから行動を起こそうとしていたのか、それは高等部の教師たちをも相手にしなければならないとわかっていたからだろう

そして、誰も近付けようとしなかったのも、“権力”を相手にしなければならなかったから

 けれど、優樹は逃げ出した先輩たちと違って、一人でも立ち向かおうとした――