g1 優駿倶楽部 パチンコ 潜伏

g1 優駿倶楽部 パチンコ 潜伏

 いずれは考助の直接の弟子として表舞台に立つことを見越しているためだ

「いやいや

今日はその話で来たわけではない」「では?」「うむ

少しお前たちに頼みたいことがあってな

勿論、コウスケ殿の許可は取ってある」 考助の許可があると聞いた時点で、アンドニの表情が変わった

 アンドニにとっては何よりも重要な事なのだ

 アンドニを含めた初期メンバーは考助を絶対と考えるようになっている

 考助がそのことに気付いたときには既に遅く、考助自身が矯正しようとしたが、既に手遅れだった

 まさしく、コウヒとミツキの教育の成果が発揮されたといえるだろう

あなたも好きかも:メタル ギア スロット アプリ
 既にそのことに関しては考助も諦めている

 それに、考助に対して盲目的になっているわけではないので、魔道具作成の重要性を考えればむしろ良い事なのだろう

 考助の居心地が悪くなるという事を除けば

「・・・・・・それで、頼みというのは?」「うむ

あなたも好きかも:モンハン スロット 初代 ステージ
実はな・・・・・・」 アンドニは、ダレスの話を聞いて多少驚いた

 そのようなことを考助が許可すると思っていなかったのだ

 だが、これも意味があることなのだろうと納得して、ダレスの話を了承するのであった

 勿論、考助にきちんと確認を取った上でだが

 ♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦ クラウンも月日が経つにつれてさらに大きな組織になっている