戦記絶唱シンフォギア パチンコ 演出

戦記絶唱シンフォギア パチンコ 演出

「お嬢ちゃん達を助ける為だしね」 おっさんのウインクなんか見たくなかった

まだ、顔がいいから許せるが、中身男だし俺

あなたも好きかも:スロット 横浜 優良店
二人もどう反応すればいいか分からない顔をしてるし

「じゃあ私が同じ質問したら答えてくれるの?」 ちょっと嫌そうな態度を取って訊くと、よくぞ訊いてくれましたと言わんばかりの笑顔で話す

あなたも好きかも:パチンコ スカイプラザ川越
「おじさんの名前は――」「いや、別に訊きたくて言ったわけじゃないので……」「――おいおいおいっ! そりゃあないだろう」「き、訊いてあげようよ

助けてくれたんだし……」 その優しい言葉に感極まってか、リュッカの手を握るおっさん

「ありがとうな、赤毛の嬢ちゃん

こっちの銀髪嬢ちゃんと違って優しいなぁ〜」「ど、どうも」 大きく咳き込むとちょっとキメ顔をした

あなたも好きかも:野田 聖子 パチンコ
「おじさんの名前はザーディアス

しがない冒険者をやっている

そしてぇー……」 しまった懐から再びカードを取り出す

「ランクはSランクだぁーー!!」「えっ、Sランクっ!!」 そんなに自信満々に言ったらそれこそ格好がつかないだろうが! ――俺は心底呆れ果てる

「Sランク……どうりでラッセが驚いて黙った訳だ」「でも、そんなに自慢してると台無しだけどね……」「ははは、言うなぁ銀髪嬢ちゃん

だがな、おっさんほど歳を取るとプライドなんて安いもんさ

だったらひけらかしてビビらせちまった方がいいのさ

……なぁ坊主」 意味深にラッセを見る

「――なっ……バ、バカにしてんのか!?」「おうとも」「なっ……」 ラッセはバカにされても言い返せない様子を見せる

このラッセって人がランクがいくつかは知らないが、明らかに風格が違う

このおっさん、隙だらけに見えるが、この余裕がある態度がそう思わせている気がしてならない