乱数発生装置

乱数発生装置

 連れて行っても死ぬだけだし、何より ナーシーから防衛に人が裂けなくなる

 私の目論見だと、そろそろ来ると思うんだけど」「……?」何言ってんだこのサイコピエロ、と思っているといきなりテントの入り口から何かが、マロン目掛けて突っ込んできた

マロンは咄嗟に闘気を纏い、自分に突っ込んできたものを押し返す

そこには、黒人で全身に真っ黒な毛をはやした獰猛な雰囲気の男が、赤い目を血走らせて立っていた

あなたも好きかも:豊島区 パチンコ バイト
身長は百八十に少し足りないくらいだが体中の筋肉の盛り上がりが、毛の上からでも分かるほどだ

「はーい、副族長様、ご到着ー」元族長は、黙って座ったまま彼と対峙しているマロンを見ている

マロンは迷わずに、闘気を纏った右手で彼の腹に強烈な一撃を入れて、さらに椅子に立てかけてあった畳んだ傘の横っ腹で男の体を思いっきり打ち付けた

あなたも好きかも:出金が早いカジノ
男はそのまま、床に突っ伏して動かなくなった

ドルナジャが俺の頭の上に登り「マロンちゃーん、合格よー

 あとは、彼を叩き起こして、 何か今の服の一部を与えればいいわ」「えっ……あの面積が……あまりないんですけど……」確かにサラシと褌しかない

「サラシの一部を破るとかしたら?」「わっ、わかりました」マロンは生真面目にサラシの下部分を破って下乳が若干見えているのも気にしないようにしながらその布切れを握りしめて、気絶している男を起こしその頬を軽く叩いた

黒人の男が、目を開けると「はい、これどうぞ」とサラシの一部をマロンはすぐに差し出す

男は、驚愕の目でマロンを見るともぎ取るように布を手から受け取って、テントから逃げて行った

ドルナジャが俺の頭の上から「よろしい