オンラインでグレーのプロジェクトを投資する必要はありません

オンラインでグレーのプロジェクトを投資する必要はありません

「主の『次元の力』ならば、そういうことができる

あなたも好きかも:akb48 スロット ゾーン狙い
視線を切るのは、昔から得意らしい」「いや、得意かどうかじゃなくて、『次元の力』は師匠のもので……

いやまずは、その主って人のことを、わかりやすく――」「悪いが、これは伝言だ

――これから、おまえは簡易ながらも、異邦人召喚の『取引』を行なう

それが、いま(・・)ならできる」 私の質問が答えられることはなかった

それどころか、異邦人召喚という単語まで投げつけられて、私の混乱は最大に達した

 ゆえに、その紫色の扉の隙間から漏れる冷気に気づくのが、少し遅れた

「気をつけろ

あなたも好きかも:パチンコ 時給 平均
向こうは昔、石の世界とでも呼ぶべき様相だったらしいが……」 レガシィ様が口にする言葉の意味も私は呑みこめなかった

あなたも好きかも:パチンコ うる せいや つら
 ただ、冷気を浴びて、背筋だけでなく全身を震わせる

「――いまでは、もう氷の世界だ」 冷気で凍りつきかけた紫色の扉が、軋んだ音をたてる

 師匠と陽滝姉の生まれた異世界への道が、いま開かれていく

その紫の扉を抜けた先には、真っ白な異世界が待っていた

 まず私は、強すぎる冷風に身を縮こまらせ、目を細めた

しかし、そこまで身体に負担はない

《レベルアップ》の影響がある以上に、例の『呪い』の重圧が消えていたからだ

 恐る恐ると私は、柔らかい白い土のようなものを靴で踏み抜きながら、ゆったりと降り注ぐ白い粉のようなものを浴びる

 とても静かだった