カカはオンラインでお金を稼ぐために

カカはオンラインでお金を稼ぐために

「対になる存在」一般にはライバルがいると、互いに競い合って抜きつ抜かれつになるのです

あなたも好きかも:過密 オンラインゲーム
こちらがリードすれば突き放そうとしますし、劣勢ならなんとかして挽回しようと焦ります

自然とドラマが生まれるのです

あなたも好きかも:森下 スロット
 また「テーマ」は主人公と「対になる存在」との間で発生します

「勇気」が試されるのは、主人公と「対になる存在」との対決でです

「本心を打ち明ける勇気を持つ」なら主人公が意中の異性に告白する勇気があるかが問われます

「テーマ」は主人公の最終決戦つまり「佳境(クライマックス)」で解決するべき問題なのです

そこには主人公とは真逆の「対になる存在」が待っています

だから「対になる存在」は「テーマ」の具現化とも呼べるのです

 アムンセンにはスコットという「対になる存在」がいて初めて「人類初の南極点到達」という「テーマ」を成し遂げました

「南極点」を求める「テーマ」は「スコットよりも早く」という条件がついていたのです

だからこそアムンセンの偉業は受け手をワクワクさせます

あなたも好きかも:スロット やめたら
「対になる存在」は「テーマ」そのものである証左です

人に好かれる存在「キャラクターを立てる」には「人に好かれる」存在に設定しましょう

読み手が感情移入できるキャラクターは、読み手が憧れたり同意できたりと入り込んでも嫌な思いをしない人格の持ち主です

「人から嫌われる」存在だと読み手が感情移入するととてつもなく重い

罵りや嘲りや侮りなどで扱われて堪えられるほど人間の出来た読み手は少ないのです

 もちろん渡航氏『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている

』の主人公・比企谷八幡のように物語開始時こそ「挫折したひねくれ者」でも、程なく「奉仕部」に放り込まれて新たな人間関係を構築しなければならなくなった例もあります