私はインターネットにお金を稼ぎたいですか?

私はインターネットにお金を稼ぎたいですか?

「ふふふ……いずれ復讐のときがくるのじゃ

待っておれ」「復讐ってなんだよ」 あきれてものもいえないとはこのことだとセツナは思った

「させません」「なんじゃ?」 きょとんとするラグナだが、セツナも同じような反応をしていた

どことなく無機的な声はウルクのものであり、その美しい人形めいた姿を探して、セツナは視線を巡らせた

あなたも好きかも:レベル50 ルーレット
彼女はいつも離れた場所に立っている

あなたも好きかも:カル スロット 特徴
部屋全体を見渡せる場所に陣取ることが多く、今も広間の片隅から室内全体を視界に納めていた

その彼女がどすどすと近づいてきている

ラグナの発言が引っかかったらしい

「セツナを傷つけることは、わたしがさせません」「むう……!」「わたしはセツナを護る者です」「ぬう……!」 目の前まで接近してきたウルクに対し、ラグナはうなるだけだった

あなたも好きかも:アイマス スロット 実機
そのまま無言の睨み合いを始めた人外二体に、セツナは、なんとも言いようのないものを感じながら、レムに視線を戻した

ラグナがセツナの頭上で方向転換するのがわかる

ウルクから視線を逸らすまいとしているのかもしれない

「馬鹿やってるのは放っておいてだな、俺の弱点ってなんだよ?」 セツナが改めて問いただすと、レムはいつもどおりの笑みを浮かべたまま、近づいてきた

「それはもちろん、女性にございます」「はあ?」「なんじゃ? 女性じゃと?」「ええ