オンラインカウンセリング学生はお金を稼ぐために

オンラインカウンセリング学生はお金を稼ぐために

「よろしい

同志ヘンシェル、他に報告は?」「はい、娘さんのことなのですが」「ラウラか

どうした?」「督戦隊からの報告では、凄まじい戦果を挙げているそうです

私も確認しましたが……………我が目を疑いました」 ハーフエルフのヘンシェルには、社内で俺の秘書を務めてもらってそろそろ半年が経過する

あなたも好きかも:スロット 輸送
それよりもずっと前からこの男のことは知っているが、陽気な性格のものが多い傾向にあるハーフエルフの中では珍しく冷静沈着で、あまりこのように驚いているところを見たことはない

 それほど戦果を挙げたのかと期待しつつ、彼に尋ねる

「それで、ラウラの戦果は?」 問いかけると、ヘンシェルは「確認戦果のみですが……………」と言ってから、ポケットの中に入っていたメモ用紙を取り出して報告を始めた

あなたも好きかも:ウィッチャー3 スキル スロット
「狙撃での転生者の討伐数が……………611人だそうです」「なに?」「他にも、SMG(サブマシンガン)での討伐数が458人

その他のトラップやナイフでの討伐数は120人だそうです」「……………集計の間違いでは?」「いえ、督戦隊が実際に観測した戦果だそうです

不確定なものを含めればこれの倍になるという報告もあります」「……………」 信じられん

 確かに、彼女には戦果を挙げればテンプル騎士団への復帰を認めるという条件を与え、懲罰部隊として各地の転生者の討伐を行わせていた

あなたも好きかも:フィギュア オンラインゲーム
彼女はタクヤにかなり依存していたし、今回の一件にかなり罪悪感を感じていたようだから必死に戦ってくれるだろうと予測していたが――――――――ラウラの活躍は、俺のすべての予測と若い頃の俺の戦果を上回っていた

 しかも、若い頃の俺は半年かけて転生者の討伐数が1000人に達し、当時の転生者たちを絶滅寸前まで追い込んだ

しかしラウラは、いくら転生者の人数が増加しているとはいえ、弟の元に戻りたいという気持ちだけで……………たった1ヵ月でこれほど戦果を挙げるとは

「……………よろしい

彼女にはそろそろテンプル騎士団に復帰してもらおう」「ですが、まだミッションは残っているそうです」「ならば、せめてヴリシア侵攻までに間に合うように日程を調整させてくれ」「はい、同志リキノフ」 こちらには訓練を積んだ数多の兵士たちと、タクヤやラウラをはじめとするテンプル騎士団の精鋭部隊がいる

それに今度の侵攻作戦には、李風のPMCとも協力してありったけの兵器をヴリシアへと送り込むことになっている

 だが―――――――――それだけの戦力を用意しても、吸血鬼との戦いの勝率は50%を超えることはない

 奴らはそれほど強敵だ