オンラインで直接収益性の高いプロジェクト

オンラインで直接収益性の高いプロジェクト

あなたも好きかも:ビデオゲーム・マスターピース メタルギアライジングリベンジェンス 雷電
「狂い鬼が一個は食べちゃって、ジェネラルクラーケンのも、ここにね

今埋まってるの

なんか狂い鬼が食べたのと共鳴してくっついちゃったんだよね」 風音は己の鎧の胸の中心に収まった赤紫色の玉石をジンライに見せた

「そんでこんなことが出来るようになった」 そう言って風音がブンッと自分の拳を下に振るうと、瞬時に風音の篭手から黒い豪腕が現れて、地面を殴りつけた

そして殴りつけた後はその豪腕はまたすぐに篭手の中に消えていった

「ほう、それは?」「狂い鬼を『竜喰らいし鬼軍の鎧』の中から部分的に出せるっぽい

あなたも好きかも:ハルヒ スロット 終了画面
一応、私の意志を反映して出てるみたいだけど」 それは風音個人の近接戦闘能力の低さを憂いてか、或いは単体での召喚頻度が減ってきたことに対する狂い鬼なりの苦肉の策といえたかもしれないが、結果的に『竜喰らいし鬼軍の鎧』はさらなるパワーアップをしたようだった

あなたも好きかも:スロット 獣王 6号機
 というような説明を風音から聞き、ジンライも頷いた

「まあ、それは確かに悪くはないかもしれんな、カザネよ

お前は確かに強いが、自分の爪をまだ研ぎ切れてはいない部分も目立つからな」「自覚はあるんだけどねえ」 ジンライの言葉に風音が苦笑する

 風音自身の戦闘力は高いのだが、近接戦においてはジンライや弓花には見劣りするのだ

それは戦闘技術の熟練度に問題があった

 複数のスキルを使い分ける風音と、ひとつのスキルを使いこなす弓花

 風音は、通常の戦闘においては非常に有利に進めることが出来るのは間違いない

しかし、相手の土俵に立った場合にはその状況は逆転することがある

例えばスケルトンジェネラルとのトンファー対決のようにである

 そしてジンライと弓花は自らの土俵に相手を立たせることが上手い

勝つための技術として、そこまでを含めて鍛え続けているためだ