オンラインブックはとても安いものです

オンラインブックはとても安いものです

やっとわかったんだ、僕も

ここまで来て、やっと……」 嫌いだけど、好き

 そんな矛盾した想いがあることを、すでに渦波は『月の理を盗むもの』ラグネから教わっている

あなたも好きかも:志村けん スロット
 その人生は全て演技で、偽物だったかもしれない

 その演劇は最後まで茶番で、脚本はご都合主義だったかもしれない

 けど、その時間が在ったことは、確か

 兄が大好きな妹も、妹が大好きな兄も、確かに存在していた

 それを大事にしたいと思う意思だけは――「この意志だけは、絶対に私は曲げません

あなたも好きかも:ラン スロット スキン
曲げるわけには、いかない……! 私は【『永遠』に二人】という結末のために、色々なものを犠牲にしてしまった

兄さんだけじゃありません

母さんも、湖凪姉も

『元の世界』を生きる人々も、何も関係のない『異世界』を生きる人々も! 全てを犠牲にしてきた私は、誰にも負けられない……!!」 陽滝は強い心で、その初志をぶれさせることはなかった

 ただ、その心を支える理由は、余りに聞き覚えがあった

「私は負けません! もし負けることがあれば、今日まで犠牲にしてきたものが全て無駄になる! 蹴落としてきた意味が、全てなくなる! それは計算がおかしいんです……! 【相川陽滝には誰も勝てない】の計算が、おかしくなってしまう!!」 それは幼き頃の渦波と全く同じ文句と怒りだった

 その類似に、渦波が気づかないはずがない

 渦波は理解する