オンラインでお金のプラットフォームを作るために動作します

オンラインでお金のプラットフォームを作るために動作します

「ここ、いいかな」 トレイを持ってショウの隣に視線を向ける七尾君

 彼の後ろには、土居さんも立っている

「どうぞ

あなたも好きかも:スロット ウィザード
ショウ、七尾君」「ああ、どうも」 今度は彼がテーブルに置いたマーボー丼と担々麺のハーフセットに釘付けとなる

 仕方ないので机を軽く叩き、すぐにそれを止めさせる

「親だね、まるで」「え」「こっちの話

あなたも好きかも:レノ スロット
今日は二人だけ?」 オムライスにスプーンを差し入れながら尋ねてくる土居さん

 こっちはこっちで美味しそうだな

「浦田君は入院中

遠野さんは?」「多分、旧クラブハウスで何かしてる」「大変だね、何かと」  気を遣うような発言をしてくる七尾君

 脳天気なようで、意外と視野広く物事を見ている

 ちょっと私達の周りにはいないタイプだな

「浦田って、あの愛想のない?ドラッグの話はどうなった」「土居さん、古い話をしないで下さい」「悪かったね、噂に疎くて」「浦田君がいないと何かと困らない?」 苦笑気味に尋ねてくる七尾君

あなたも好きかも:スロット カー サーキット
 私は小首を傾げてショウを見やる

「困る?」「いても困る時もある」  なんだそれ

 分かるけどさ

「あれって、元生徒会だろ

そんなに出来が良いの?」「土居さんは知りません?彼を退学させる秘密結社があるって」「秘密結社はともかく、特定の生徒を退学させようとするグループの話は聞いた事がある