オンライン回復ガチョウゲームお金を稼ぐ?

オンライン回復ガチョウゲームお金を稼ぐ?

 優樹は恥ずかしさに顔を真っ赤にしてムカッ! と怒りを露わにした

「一平君!!」 押さえられていた両腕も自由に動かせるようになり、優樹は「ンもーっ!!」と暴れて体を捻ると彼の体を突き押して起き上がり、ベッドの上でそのまま寝転がって「ははははっ!」と大笑いしている一平の背中を睨んで腕を伸ばして枕を掴み引っ張ると、それでバフッ! バフッ! と彼を殴った

「ひどい!! なんてことするのー!!」 バフバフッ! と容赦なく枕で殴られ続け、一平は笑いながら仰向けになって腕をかざした

「おまえ何マジになっとん!? アホちゃうかあ!?」「嫌いーっ!! 大っ嫌いーっ!!」 馬鹿にして尚も笑う一平に、顔を赤くして半べそ気味に枕をぶつけ続ける

「そうやって意地悪ばっかりしてーっ!!」「いたたたっ、痛い痛いっ」「もーっ!! ホントにっ!! ホントにっ……!」 冗談だとわかって彼を殴っていると、段々と緊張の糸が解け、怒りながらも目に涙がブワッと浮かび、息を詰まらせるとポロポロと涙を零して枕で顔を押さえた

あなたも好きかも:セミオート拳銃でロシアン・ルーレット
ペタンとベッドに座り込んで枕を抱いてそこに顔を伏せ、啜り泣く優樹に、一平は「うげっ!」と頬を引き攣らせ、起き上がるなり「おいおいっ」と焦りを露わに覗き込んだ

「何泣いとんっ

あなたも好きかも:mac オンラインゲーム 無料
泣くなやっ!」「……一平君のバカ! ……もうっ……知らない!」 枕に顔を埋めたまま、泣きながらも文句を告げられ、一平はベッドにあぐらを掻くと目を据わらせて優樹の頭を軽く小突いた

あなたも好きかも:スロット ヒルズ ブログ
「アホ、おまえがあかんねんぞ」「一平君が意地悪したのにぃー!!」「意地悪とちゃう

試したってん」 鼻に掛かる生意気な口調に優樹は「うーっ」と恨めしそうに顔を半分出して、涙の浮かぶ真っ赤になった目で睨み付ける

「意地悪!」と、尚伝える視線に、一平はため息を吐いてうんざりげに目を細めた

「おまえはホンッマに、頼りないやっちゃのぉ」「何がよもーっ! 意地悪なくせにーっ!」 馬鹿にされ続けている状況に、優樹は涙目で睨み、枕に隠れている口から籠もった声で文句を吐く

 一平は再度ため息を吐くと、真顔で眉をつり上げ、胸の前で腕を組んだ

「冗談やったからエエけど、これがホンマやったら、おまえ、どないすンねん

ビクついとるくせに嫌ともなんとも言わんで」 真剣に責められ、優樹は息を止めて硬直し、枕で顔半分を隠したまま表情を消した

「コレが相川とかやってみぃや

おまえ、容赦なくやられとったぞ」 目の前に指先を向けられ、優樹は顔を赤くして眉をつり上げ睨んで首を振った

「相川君はこんなコトしないもんっ!!」「それが甘い言うてんねん、このドアホ」 庇おうとしているような必死な様子に、一平は再度呆れてため息を吐いた