バカラ ミナミ

バカラ ミナミ

 36歳でドイツ連邦議会でのプロシア全権公使に選ばれた彼はドイツ諸侯国家の代表が集まるこの議会で熱烈なプロシア王国擁護の立場で活躍し、やがて発生したクリミア戦争(ロシアと西欧の戦い)の後に駐ロシア大使となるとその反オーストリアの立場がロシア宮廷や政治家から歓迎され、後々までロシアがドイツの統一を妨害させない様になる礎となりました

ここから外国にも知られる外交官となり、フランス大使に転任した後、陸相ローンの推薦でプロシア国王から宰相に抜擢され、いよいよビスマルク時代が訪れました

 彼はそのブルドッグを想わせる厳つい風貌と激烈な発言から、ガチガチの右翼と思われていますが、実際は現実主義者の面が強く、その内実は妥協と手練手管の男でした

 当時のプロシアは周囲を敵性国家に囲まれた弱い立場

あなたも好きかも:バカラ バンカー のみ
主要国からは急速に発展する新興国として要注意とされていました

オーストリアと普墺戦争、続いてフランスと普仏戦争を戦い、遂にドイツ帝国が成立した前後は特にそうで、外交でひとつ間違えば周辺国家が全て敵となる様な四面楚歌の状態でした

 ビスマルクはこの危険な状況下を、まるで手品のような外交で切り抜けました

 その手法とは、外交で鍛えた国際感覚で「アメとムチ」「変わり身の早さ」を駆使し、プロシアの「敵」を常に一つにしておくものでした

 昨日の敵は今日の友とばかり、まるで綱渡りか皿回しのような際どい外交

あなたも好きかも:まどマギ セリフ スロット
そして幾多の戦争…… ドイツ統一は、このビスマルクの手腕に拠るところ大です

あなたも好きかも:足立区 スロット イベント
ビスマルク さて、そのビスマルクをフランス大使から一気に宰相に担ぎ上げた男、ローンとはどんな人物だったのでしょう

 伯爵アルブレヒト・テオドール・エミール・フォン・ローンは1803年4月30日生まれでビスマルクと同じユンカーの出身

ローン家はビスマルク家とは違い先祖はオランダから移住した平民上がりだったと言います

ローン家は軍人家系(母も軍人家)だったため14歳で陸軍幼年学校に入り、18歳で少尉としてプロシア軍入隊、優秀と認められた彼は21歳で陸軍大学に入学しました

ここでも成績優秀だったローンは23歳で卒業するとそのまま母校幼年学校の教官となり、33歳まで勤めます