携帯電話を使用してお金を稼ぐためにオンラインで

携帯電話を使用してお金を稼ぐためにオンラインで

 頭を、振る

 それはいまや遠い過去だ

 少女時代の淡い夢

あなたも好きかも:スロット 粗利 ランキング
 もはや泡の如く弾け、消えて失せている

 少女は大人になり、幻想ではなく、現実の中で生きている

 故に、リノンクレアは、レオンガンドに恋い焦がれ、現を抜かすことなどはなく、むしろ冷え切ったまなざしでもって彼を見ることができていた

あなたも好きかも:オンラインゲーム fps 無料
だからこそ、ここにいるともいえる

もし、リノンクレアがレオンガンドに全幅の信頼を置くことができていたならば、彼女も龍府に残り、グレイシアの補佐をしていたことだろう

信頼できるということは、ナージュの心配をしなくていいのだから

 信頼できないからこそ、ここにいる

「……どう想う?」 リノンクレアがようやく口を開き、従者たちに質問したのは、ナルドラスが姿を消し、たっぷりと時間が経過してからのことだった

「リノンクレア様を懐柔なされるおつもりなのは間違いないかと」「懐柔……か」「ナルドラス卿とて、我々がネア・ガンディアに対し、疑念や疑問を持っていることは承知のはず」 ナルドラスどころか、ネア・ガンディアの国そのものがリノンクレアたちの疑念に気づいている節がある

あなたも好きかも:剣 と 魔法 と ルーレット
ナルドラス以外の神将たちも、獅徒たち、神々もすべて、リノンクレアたちの存在を歓迎しつつも、どこかで距離を置いているといったように思えた

それは、リノンクレアたちの中にある疑念が彼らを警戒させているようであり、疑念が晴れたとき、ようやく心から迎え入れられる、とでもいわんばかりだった

「そのために神皇陛下と直接話し合う機会を設けよう、というのか」 そして、その機会をいますぐにでも手配しようというナルドラスの行動力の速さは、アルガザードとも思えないものだが、ガンディア王家のことを第一に考える彼らしいと考えれば、納得のいくことでもある

 ナルドラスは、アルガザードではない、が

 ついそう考えてしまう自分が嫌になり、彼女は不快な表情を浮かべ、その結果、従者たちを慌てさせた

 リノンクレアは、そんな従者たちの反応を見て、苦笑した