コードギアスr2 スロット ボーナス察知

コードギアスr2 スロット ボーナス察知

 読み手なんてしょせんはこんな感じで身勝手なものなのです

書き手が語りたい「その世界の設定(世界観)」のことなんて知ったこっちゃない

 それを説明する前に主人公を舞台に登場させ、出来事(イベント)が生じて主人公が巻き込まれることで作品の方向性を提示します

それを踏まえて「主人公がどうなりたい」が提示されるのが理想的なのです

三ページ 方向性が提示されるまでが「三ページ」以内に書かれてない小説は「三文小説」と見てよいでしょう

 小説投稿サイトなら初回投稿ぶんのうち冒頭「二千字」以内に書かれてあると良心的だと思います

あなたも好きかも:恐怖新聞 2 スロット 中古
 ご存じの通り、紙の原稿用紙は「一枚四百字」です

そして紙の書籍はだいたい「一ページ六百字」ほどになります

つまり「三ページ」なら「千八百字」ほどなので紙の原稿用紙なら「五枚」(一枚目の右半分は題名と著者名が書かれるため本文にはカウントしません)、小説投稿サイトなら若干甘めに見て「二千字」以内が目安です

 冒頭では吉川英治氏の歴史小説『三国志』のファンで内気な高校生の主人公ですが、「三ページ」以内に異世界転移したら『三国志』の知識を活かして魔王「コーメー」として大活躍する、なんていうのは『小説家になろう』ならいそうな主人公ですよね

あなたも好きかも:町屋 パチンコ コロナ
 ちなみに「三ページ」以内で示された方向性と全体にわたる方向性が違ってしまってもかまいません

意外性があってウケる可能性もあるのです

 これは私が昔書いた小説の筋書きなのですが一つの例として挙げてみます

あなたも好きかも:花園町 パチンコ
たとえば「三ページ」以内が現実世界の恋愛ものを示しているのに、その後なぜか異世界転移ファンタジーに変化してもいいのです

さらに異世界での恋愛ものに発展していったら、「三ページ」の恋愛と並走するように感じられます

そうなれば「現実世界に戻ってこられるようになったとき、『三ページ』で示された現実世界の恋愛をとるのか、その後に展開された異世界の恋愛をとるのか」というワクワク・ハラハラ・ドキドキな展開を読み手に予想・妄想させ続けることができます

 意図してなのか偶然なのかの違いはあるでしょう

どちらにしても物語を貫くワクワク・ハラハラ・ドキドキ効果がひじょうに高まります