おそ松さん スロット 6号機

おそ松さん スロット 6号機

 地面を氷結し、破砕する魔法《アイス・クエイク》は、大聖堂に張り巡らされていた『魔石線(ライン)』を何重にも寸断した

 陽滝の状況判断は的確だった

 相殺ができないのなら、魔法発動の元を狙って破壊する

あなたも好きかも:パチンコ 絶対 に 勝て ない
 広がった『術式』を、この場所まで繋げている『魔石線(ライン)』を寸断するのが最善――という『答え』を、瞬時に出した

 過程を無視して、解決策を手に入れることが、陽滝の持つスキルならばできた

 その『答え』だけを引き寄せる力によって、千年かけたティアラの魔法が砕かれる

「――――っ!」 ――はずだった

 まだ止まらない

 陽滝が「なぜ?」と口にする前に、ティアラが先んじて答える

「それだけが、『答え』じゃないよ

あなたも好きかも:パチスロ ボス 現在
らすちーちゃんが言ってたでしょ? 『本物の糸(ライン)』が繋がってるって」「あれは比喩であって、本当にあるわけでは――」 あるわけではないと陽滝は答えようとしたが、その言葉を呑み込む

 その事実を陽滝は認めて、理由よりも先に、解決策を――読む

あなたも好きかも:初代 マクロス スロット
「――あったとしても

その対処法も、いま、私は読み終わりました」「……やっぱり、陽滝姉は読み飛ばすんだね

だから、本当のところでは、誰の『魔法』も信じてないって、よくわかるよ」 またスキルで先読みした陽滝に、ティアラは楽しそうに答える

 そして、その瞳を僕に向けた

 ティアラは訴えかけていた

 ラスティアラの顔を使って、その黄金の双眸を騙って、僕に「師匠は、みんなの『魔法』を信じてるよね?」と聞いているのがわかった