今 の スロット の 現状

今 の スロット の 現状

 すると「ここは展開が緩慢だな」「ここは意味がわかりづらいな」「ここはもう少し感情を書き込んだほうが心にグッとくるな」「ここは書きすぎていて表現がくどいな」というものが見えてきます

あなたも好きかも:パチンコ 鳳凰 攻略法
 それがわかれば今書いている、またこれから書こうとしている小説ではそれらの点に注意して書こうと意識するのです

 ただ「小説を書くのが好きだから自分の書きたいように書く」から「時間を置いて読み返したときに至らない点がないように書く」へと意識が変わります

 ですが漫然と読み返しても至らない点は数箇所しか見えてこないでしょう

そうなるとあまり反省できずに小説を書き続けることになります

 それでも何十本も書いていれば確実に成長はしていくはずです

 ですが、好きだから趣味として小説を何十本も書くというのはかなり難しい

あなたも好きかも:es330 カジノ
 たいていはひとつの物語を手を変え品を変えて書き続けます

 その世界・その登場人物に愛着があるから、どうしてもひとつの物語に固執してしまうのですね

あなたも好きかも:ハイスクールオブザデット パチンコ
 私も『暁の神話』は『希望の灯』よりも前から延々と書き直し続けています

今度は連載小説仕立てにしてみようかなと思うほどです

 リテイクするたびに前の作品を読み返して「意味がわかりやすくしたい」「もう少し情感を出したい」「くどい表現をすっきりさせたい」と思うところを都度直してきました

だから少しずつ作品自体の完成度は高くなっていくのです

 ですが『小説の書き方コラム』を半年執筆してきて「このままの書き方ではこれ以上良くはならない」と感じるようになりました

 ではどうすれば今まで以上に良くなるのでしょうか

自分の小説を批評する それは「小説を批評する」ことから始まるのだと思います