ブラックジャック 狼女

ブラックジャック 狼女

ゴボゴボッと気泡が立ったあと、すぐに岡崎は浮上して「プハア!」と顔を出すなり「あはは!」と笑う勇美を睨んだ

「何するんだよ!? 鼻に水が入っただろ!」「うるさーい!!」 と、勇美は笑いながら尚も岡崎に飛び掛かって彼を沈めようとする

無邪気な彼女から泳ぎ逃げる岡崎を苦笑気味に目で追いながら、“次の番”の小西は、二人をじっと見つめて笑みを溢す優樹に目を向けた

「……どうして岡崎のことを岡田って呼ぶんですか?」 不意に問われ、優樹は「あっ」と背中を伸ばして小西を見上げ、情けない笑みで首を傾げた

「切っ掛けは覚えていなくて……

あなたも好きかも:ゴールドラッシュ パチンコ店
いつの間にか岡田君でした」「普通に返事をする岡崎も、なんか、見てておもしろかった」 小西はそう笑うと、ため息と共に肩の力を抜いた

「じゃあ、次はオレ、ってことで」 優樹はキョトンとし、顔をしかめつつ慌てて首を振った

あなたも好きかも:スロット 吉宗 演出
「な、なんでですかっ? 小西さんはっ……なんでここにいるんですかっ?」 そもそも、まったくといっていいほど無関係者だ

プールに突き落とされるなんて理不尽だろう

 怪訝に見上げる優樹に小西は情けない笑みで首を傾げた

あなたも好きかも:パチンコ ダムズ 竹尾
「さあ? なんでここにいるのか、オレにもよくわからないんですけど……、でも、たぶん、成り行きで」「な、成り行きで突き落とされるって、おかしくないですか?」「じゃあ、暑いし、部活前に体を冷やしておきたいから、ってことで」「……そ、それもおかしいと思います」「じゃあ……、そうだなぁ……、これも、何かの縁、ってことかな」 腑に落ちずに訝しげに首を振る優樹に苦笑すると、小西は一つ深呼吸をしてぎこちなく笑い掛けた

「たぶん、オレなりの罪滅ぼしです」 優樹が「?」と少し目を見開き見上げると、小西は「岡崎! 逃げろ!」「殺されちまうぞおまえ!」と、勇美に追い掛けられる岡崎に声援を送る“後続”を振り返って穏やかな笑みを溢した

「……いい人たちですね