パチンコ 5ch

パチンコ 5ch

それでも様子を見りゃどれ程激しい戦いが起こっているか分かる筈だし、やっぱ手加減は無しだ」 それだけ言い終え、ライとナールは互いに構える

「まあ……俺は本気を出せないけどな……」 ライはナールに聞こえない程の声音で言い、ナールの元に駆け出した

「行くぞ……!!」「来やがれェ!!」 こうして、"ホウキレース"の妨害など頭に無いライとナールの戦いが始まった

*****「"風加速(ウィンド・アクセル)"!」「私も負けません……!」 フォンセは風を放出し、火山の熱と炎を打ち破りながら加速する

 その後ろに着いてくるのはアスワド

こちらの二人はまるで"火山エリア"の熱を意に介していない様子だった

あなたも好きかも:七つの大罪 パチンコ 甘
「"炎の拘束《ファイア・リストリクション》"」 そして背後から着いてくるアスワドに対し、フォンセは炎で創られた紐状のモノを放つ

 これを使って数秒でも拘束出来ればラストを有利に進めるからである

「炎は水で消えます! "水《マイヤ》"!!」「ふふ……やっぱりそうか……」 その紐状の炎に水魔法をぶつけ、炎を消し去るアスワド

 フォンセも防がれると事は大体理解していた為、期待外れじゃない事にフッと笑う

あなたも好きかも:パチンコ exit
「しかし、魔法を放つ事には数秒掛かった筈だ

今のうちに距離を取る!」 刹那、大気を揺らし、フォンセは熱によって現れる陽炎を抜け出した

「させません!」 その後を着け、距離を離させ無いために加速するアスワド

あなたも好きかも:エムズ 西中島 パチンコ
 二人は箒《ほうき》を巧みに操り、火山を熱を、岩や木を潜り抜けて突き進んで行く

「私もやり返します! "土の壁(トゥルバ・ジダール)"」 アスワドは魔法を使い、火山の土から壁を造り出してフォンセを囲み込む

「そんな物……! "爆発《エクスプロージョン》"!!」「……ッ、流石です……!」 その瞬間、フォンセは造り出された土の壁を爆破し、その穴から抜け出した