ガルパン 動画 スロット

ガルパン 動画 スロット

 ……なに!? 別れたって、何!? 誰がそんなこと言ったの!? そんな疑問がグルグルと頭の中で暴れている

「あの……、友達から、とか

一度、一緒に遊んでみませんか? ……良かったら、クリスマスもどうかと思って……」 ためらいながらも微笑み誘う男子に目もくれず、優樹は俯いたまま唖然と口を半開きにした

 ……流君と、終わった? ……え? いつ? いつ終わったの? 自問しても自答は返ってこない

あなたも好きかも:ζガンダム パチンコ
 突っ立っているだけで何も答えがない優樹に、男子は少し目を泳がせ、「……あのぉ」と声を掛けた

「……大島さん?」「……」「……、……大島さん?」 完全に意識がどこかに行っている彼女の目の前で手を軽く手を振ると、優樹はハッと目を見開いて顔を上げた

「えっ……、えーっ、とっ……」「……お付き合い、してもらえませんか?」 真顔で告げる彼の真っ直ぐな目に、優樹は顔を赤くして困惑した

 ……こ、断らなくちゃっ! ……け、けどどういうこと!? 私と流君がバイバイしたって事になってるの!? なんで!? いつそんなことに!! すぐに考えがずれて、再びどこか遠くを怪訝に見つめる優樹に、「あ、あの」と、男子は戸惑った

「お、大島さん?」「あっ、は、はい!」 シャキッと背筋を伸ばして気を取り直し見上げる優樹に、男子は改めて軽く頭を下げた

「……好きです

あなたも好きかも:新庄市 パチンコ 多い
……付き合ってください」 優樹はギョッと目を見開いて硬直したが、目をサッと逸らし、強張った顔でガバッと頭を下げた

「ごっ……ごめんなさいっ……」 一度詰まらせて、勢いよく吐き出した

あなたも好きかも:ゴルフン・モンキーズ
 頭を下げたままの優樹に、男子は「……あ、……そう、ですか」とぎこちなく笑ってペコリとお辞儀をした

「わかり、ました

……どうも、すみませんでした」「い、いえっ、こちらこそっ……!」 赤くした顔を上げてブンブンッと強く振る優樹に、男子は苦笑し、背を向けて歩いていった

その後、待ち構えていた男子たちの輪に戻って歩いて行く背中を見送っていたが、微かに聞こえた

「どうだった?」という愉快げな問いに、「なんか、思ってたより変な子だった」と複雑そうに答える笑い声が――

 胸をドキドキさせていた優樹はガーンッ! とショックを受けてふらつき、それでもすぐに半べそを掻く