スロット バジリスク絆 天井

スロット バジリスク絆 天井

「調子悪いのか」 気付くと目の前にショウがしゃがみ込んで、心配そうに私の顔を覗き込んでいる

 私は首を振り、両手で軽く目をこすった

「ごめん、眠いだけ

あなたも好きかも:岡崎市 スロット イベント
ちょっと夜更かししたから」 声のトーンを上げて、笑顔を作る

「少し休んでろ、俺外走ってくるから」「でも」「いいから」 ショウはそう言ってドアの方へ歩いていった

あなたも好きかも:ガルパン パチスロ まとめ
 やがてドアが音を立て、その姿が見えなくなる

 私は床に身を横たえて、腕を枕に目を閉じた

 体には、彼が渡してくれたパーカーが掛かっている

 そうだね、少しだけ休ませてもらおう

 こんな状態でスパーリングをやったら、それこそ怪我の元だしショウにも悪い

 気が緩んだのか、意識がどんどんと薄れていく

 エアコンの音も、マットの冷たい感触もどこか遠くの出来事のように……

  何となく体が揺れている気がする

 横にではなく、縦に