スロット 地獄 少女 評価

スロット 地獄 少女 評価

「それは何よりだ

主の聞きたい事についての情報はそれくらい

少なくてすまんな」「いえ、有り難い情報提供でした」 これにて話は終わる

本当に早かったが、その分大きな手掛かりを得られた

 ゲームのストーリー進行は過程が長くとも話自体はすぐに終わるからな

寧《むし》ろ手っ取り早くて助かるよ

「それでは、俺達はそろそろ城を出ます」「ありがとうございました!」「ありがとー!」「こら、ソラ姉

王様には丁寧に」「ホッホッ、構わん構わん

あなたも好きかも:パチンコ あすぴよ
役立って良かった」 なので聞きたい事を聞き終えた俺達はその場を離れようと──「ほ、報告ーッ! 報告ーッ! 王様! ま、魔物の群れが町に──」「何だと!?」「……!」 ──した時、慌てた様子で三角スナックの槍を携えたクッキーの兵士が魔物の侵入を報告しに来た

 本当に展開が早いな

あなたも好きかも:vpれか
まあ、重要な話を終えた瞬間に何かしらの報告があるのはゲームでよくある事

場面の切り替えが楽だからそのように使われるのだろう

 それまでは何時間街を探索しても何も起こらないのに、イベントを進めると一瞬だからな

「オイ! 一体何の魔物が!?」「そ、そ……れ……は……」「……なんだ!? 一体どうした!?」 報告の兵士が少し変な動きをする

まるで身体の自由が利かないような、そんな動き

それを見やり、一人のクッキー兵士が報告の肩へ──「危ない!」「……!」 見るからに怪しかったので、俺は亜音速で報告に近付いた兵士を退け、報告から引き離す

「ウガァ!」「「「…………!?」」」 その次の瞬間、報告は鳴き声にも近い声を上げて手に持っていた三角スナックの槍を振り回し、床や壁

周囲を切り裂きながら暴れ始めた