初代鬼武者 スロット

初代鬼武者 スロット

おじい様とわたしの側仕え達は苦肉の策として、アウブである養父様を同席させることで報告の順番を有耶無耶にして乗り切ることにしたらしい

「ボニファティウス様が機嫌良く話をし、口が重かったアウブも自分の戦いの話を始めました

周囲からはひとまず順調に進んでいるように見えていたのです

ところが、ローゼマイン様はアウブの話を急に遮って席を立ち、仮縫いの予定を決めなければ、と言い出しました」 わたしが急いで席を離れようとしたのは魔石の恐怖に駆られたからだけれど、周囲にはそれがわからなかった

側仕えに何の合図もなく、同席者に退席の挨拶もなく、椅子をガタッと鳴らして立ち上がることでアウブの話を途中で遮り、仮縫いの予定について側仕えに文句をつけ始めたようにしか見えなかったそうだ

 ……ああぁぁぁ、無作法この上ないよ

あなたも好きかも:パチンコ アニメ 2013
「フェルディナンド様のお言葉でお疲れ以外の要因があるかもしれないということに気付きましたが、遅すぎました

せめて、魔石を見ると不調を感じると事前に知らせがあれば、フェルディナンド様はボニファティウス様から戦いの話を聞き出すように仕向けなかったでしょうし、リーゼレータはもっと別の対応が取れたでしょう

あなたも好きかも:ネッテラー マスターカード
ですが、ローゼマイン様は貴族院におけるディッターを何度も経験した上でダンケルフェルガーを誘って今回の戦いを仕掛けたため、戦いによる不調を特に考慮していなかったのです」 いっそわたしが気絶した振りでもすれば、そのまま運び出せたけれど、わたしは衣装の仮縫いを理由に養母様やシャルロッテ達のところへ向かい、かなり無理をした状態ではあるが、作り笑いで宴を乗り切った

「ローゼマイン様の取り繕いが上手になっているため、今回の突然の中座はアウブやボニファティウス様の側近達には非常に無作法な奇行に映ったようです」 わたしが中座した後、席に残されたおじい様やその側近達のフォローに回っていたリーゼレータは「ローゼマイン様が焦燥感を覚えて、このような宴でアウブに訴え出なければならない程に側仕えの段取りが悪くて衣装が整わないのではないか」と言われていたらしい

 ……リーゼレータがそんなことを言われていたなんて……「フェルディナンド様が体調を心配するくらいなのでローゼマイン様にも相応の理由があるのだろうとアウブやカルステッド様がボニファティウス様達を抑えてくださったそうですが、今後は気を付けて、事前に何か異変があった時は一言相談してあげてください」 自分が魔石の恐怖から逃れることしか考えていなくて、中座した後の養父様やおじい様の様子にまで意識が全く回っていなかった

残された側仕えがどれだけ苦労するのか、思い至らなかった

主失格だ

あなたも好きかも:パチンコ 波攻略法
「わたくし、リーゼレータに謝らなければなりませんね」「あの、ローゼマイン様

できれば褒めてあげてくださいませ

わたくしが温室の手配を行う間、リーゼレータは城で仮縫いができない状況ならば図書館で行えないか、フェルディナンド様と交渉し、ギルベルタ商会と連絡を取っていたようですから」 ユーディットが「これは朝になってから報告されることになっていたのですけれど……」と言いながら教えてくれた