スロット ルパン 三世 動画

スロット ルパン 三世 動画

「なにっ!?」 その報告を受けたベニートは、驚きのあまり固まってしまった

 ベニートの隣では、言わんこっちゃないといいわんばかりにアデルモが呆れたような表情になっている

「いや、しかし・・・・・・そんな簡単に? 肌身離さずとは言わないまでも、近くには置いてあったのだろう?」「はい

寝ている場所とは別の部屋だったようですが、それでも近かったのは間違いありません」 いくらお気に入りの道具といえども、一部屋だけ借りているのならともかく、そうでない場合は、商売道具を寝室にまで持ち込む人間のほうが少ない

 それを考えれば、寝室にまで持ち込んで保管しておけ、という方が無茶だろう

 今回に関しては、隣の部屋とはいえ、きちんと在室していたにも関わらず盗み出した者の技量が高かったということだ

 さすがにその状況で持ち主のダナを責めることはできない

 ベニートはそんなことを考えていたが、アデルモは違ったようだった

あなたも好きかも:ブラックジャック 表紙
 あきれた顔を隠さずに、鼻を鳴らしてこう言い放った

あなたも好きかも:鬼滅の刃 パチンコ スロット
「フン! だからさっさと手放してしまえばよかったものを

あなたも好きかも:三國志 パチンコ 演出
こちらに渡していれば、金銭ももらえたというのに

馬鹿な娘だ」 自分のことしか考えていないアデルモのそのセリフに、ベニートはちらりと視線を向けたが、何かを言うことはなかった

 代わりに、報告者に視線を向けて今の状況を確認した

「それで? 被害届は出しているんだな?」「そのようですね

もっとも、占い師の持ち物の窃盗ということで、警邏がどこまでまじめに動くかは不明ですが」 勿論、何人かの人間は動員して調べるはずだが、ここまで見事に盗んでいったことを考えると、結果を当てにする方が難しいだろう

 さらにいえば、鼻薬を嗅がせて捜査の手が伸びないようにしている組織に持ち込まれている可能性もある

 この世界の常識でいえば、持ち主の手に戻ってくると考える者は誰もいない

 そう考えたベニートは、顎に手を当てた

警邏の尻をたたくのがいいのか、それとも闇のルートに流れるのを調べたほうが早いか・・・・・・」 ベニートは、今回ダナのもとから水鏡を盗んでいった者が、自分で使うために盗って行ったとは考えていない