スーパーリノ 万枚

スーパーリノ 万枚

『『おやすみなさい……カケル(くん)』』「御主兄様? 起きてらっしゃいますか? うふふ、可愛い寝顔

ってなぜアリエスさまと美琴さまが? ……仕方ありませんね

失礼します」 両脇は空いていないので、仕方なく右足に抱き着いて眠るクロエ

『クロエ……一体いつまで……ってやっぱり! 全く油断も隙も無い……失礼します』 戻ってこないクロエを不審に思い呼びに来たヒルデガルドだが、そのまま左足に抱き着いて眠る

あなたも好きかも:涼宮 スロット
「カケルさん……美琴見なかったかしら……ってここにいたのね

でも場所が……仕方ないわね」  カケルの脇で眠る親友の美琴に抱き着いて眠るリーゼロッテ

「ソニア、本当にみんなここに来てるの?」『間違いありませんサクラ

私の諜報能力を舐めないでください』 ソニアの情報を元に寝室にやってきたソニアとサクラ、そしてリーリエ

「……本当ね」『ふふふ、そうでしょう?』「……でも場所がないですね?」『…………不覚』 仕方なく、両足の裏に触れながら眠るソニアとサクラ

リーリエは迷った挙句、髪の毛に手を差し入れて眠りについた

あなたも好きかも:ブラックジャック 医薬品 購入
『行かなくて良かったのですか、ルシア?』『……ええ、ご主人は今日一日、とっても頑張っていましたから……』 少し離れた場所からカケルたちを見守るルシアとシルヴィア

 ユグドラシルを永きに渡り見守ってきた優しき大樹

喜びも悲しみも、出生も死別も

 ガーランドが興り発展するときも、外敵により存亡の危機にある時も、変わらずそこに在り続けて来た世界樹

  『……でも、私たちは見てるだけというのも……少々淋しいものですね……』『そうですわ! 行きますわよルシア』 スヤスヤ眠るカケルの頬には、木の葉になったルシアとシルヴィア

首にはネックレスに姿を変えたモグタンも

 大変だったユグドラシルでの一日