奈良 パチンコ 来店 イベント

奈良 パチンコ 来店 イベント

かといって、負ける訳にはいかないと睨むわけにもいかない

喧嘩をしているのではない

「それに、あのときもいったけど、国がガンディアに変わったおかげで俺は日の目を見ることができたんだ

ログナー時代はそりゃあ酷いもんだったさ

門閥貴族が幅を利かせてね

家の力がなければ、上に立つことなどできない

家名こそがすべてで、実力なんて関係なかった

だから、ジオなんてのが将軍になれたっていう話だが……ああ、いまのレノには内緒にしてくださいな」「レノ?」「レノ=ギルバース殿はログナー方面軍の第二軍団長で、後詰として合流するはずです」 ニナの説明を聞いて、セツナは得心した

彼の言うジオが、バルサー要塞を守っていたログナーの将軍ジオ=ギルバースだということも理解する

あなたも好きかも:パチンコ 平均収支
「俺が兄を悪くいってたなんて思われるのは嫌でして」「だったらいわなければいいだけのことです」 ニナがにべもなく告げると、ドルカは憮然とした顔になった

「それもそうだが……ここは譲れぬところだ」「お好きな様に」「むう……」 ふたりのやりとりに置いてけぼりにされた気になったセツナは、しばらくの沈黙の後、半眼になって問いかけた

あなたも好きかも:パチンコ スランプグラフ エクセル
「それで、ドルカ軍団長は俺になにがいいたいんです?」「……そうだった

いいたいことがあるから、引き止めているんだった」 ドルカは、本当に忘れていたのか、はっとしたように目を見開いた

そして、思案するような顔になる

セツナが嘆息すると、ニナがくすりと笑ったような気がしたが、目を向けるといつもの鉄面皮だった

 ドルカが、口を開く

「俺がいいたいのはですな、ガンディアが発展すれば、俺ももっと上に行けるんじゃないかってことです

たぶん、そういうことですよ、うん」 自信もなさ気な答えに、セツナは生返事を浮かべるしかない

「はあ」「ですから、カミヤ殿にはこれからも粉骨砕身頑張って頂きたく存じます」「いやまあ、やることをやるだけですけど」「それは我々も同じ