ルパン 三世 パチンコ 激闘 モード

ルパン 三世 パチンコ 激闘 モード

 だから「近未来」を舞台にした「恋愛小説」は、 「空想科学(SF)小説」にもなりますし「恋愛小説」にもなるのです

 アニメ映画の新海誠氏『ほしのこえ』は「空想科学(SF)」の世界で「恋愛」をテーマにしていましたよね

あなたも好きかも:gantz 2 パチンコ
 舞台が異世界や現実に近い少し変わった世界であればなんでも「ファンタジー」です

 だから「異世界」を舞台にした「グルメ小説」は、「ファンタジー小説」にもなりますし、「グルメ小説」にもなります

 犬塚惇平氏『異世界食堂』が「ファンタジー」の世界で「グルメ」をテーマにしていましたよね

 だから「空想科学(SF)小説」も「ファンタジー小説」も、ジャンルというより小説の「舞台」を指しているに過ぎないのではないでしょうか

 話を戻します

 もしあなたが書いた作品が「異世界」を舞台にした「青春小説」である場合

あなたも好きかも:パチスロ 中段チェリー
 読み手にまずここが「異世界」であることと、キーになる登場人物を出し家族関係や友人関係の構図を示すなどして「青春小説」であることを示すのです

 たとえば小説の「書き出し」から程なくして「小妖精が飛び交っている」と書けば、読み手は「あ、この小説は異世界ファンタジーなんだ」と理解してくれます

 そして「粗暴な父親と虐げられる母親、洒脱(しゃだつ)な兄」といった人物を初回投稿に話だけでも出すことで人間関係が中心の「青春小説」なんだなと読み手に思わせられるのです

 ジャンルが明確に示されれば「つかみ」としては及第点になります

先々の展開を暗示する そして「この作品を読むとこんないいことがありますよ」という提案を盛り込みましょう

 一般には作品の「キーワード」に「ハッピーエンド」「ざまぁ」と入れるようなものです

 ですが「紙の書籍」化されたときのことを考えてみましょう

「キーワード」に「ハッピーエンド」「ざまぁ」を入れたから本文では冒頭からそれに触れなくてもいいや、とは考えられないですよね

 作品の冒頭でジャンルを提示して「つかみ」をしっかりやったと思います