パチンコ 一時間 回転数 牙狼

パチンコ 一時間 回転数 牙狼

それこそ、秒単位で

だが、それがかなわなかったところを見ると、イツヒなりムツミなりの攻撃は、亡者の再生速度を低下させる性質があるのかもしれない

「なんでやねん! なんで、イツヒが氷漬けに!?」 ムツミが素っ頓狂な声を上げたのは、すぐ背後で氷像と化したイツヒの姿を見てからのことだ

あなたも好きかも:パチンコ 日南 優良店
ウルはいち早く気づいていたが、それも相手の策だと思っていたがために、ムツミの反応には思考が追い着かなかった

「あんたがやったんでしょ……」「ああっ、またやってもうた……」「またって……調子が狂うわね」「いつものことじゃないか」 いつの間にか背後に立っていたカインが、当たり前のように会話に入ってくる

あなたも好きかも:ゲゲゲの鬼太郎 パチスロ 天井
「あらカイン、遅い目覚めね」「氷の棺も悪くはなかった」「そう

だったらそのまま寝ていれば良かったのに」「君が不様に負ける様を見届けることもできないのでは、面白くもないのでね」「……嫌味しかいえないのかしら」「君にいわれたくはない」 カインがせせら笑うのを横目に見て、口先を尖らせる

彼の言い分も理解できないわけではないが、そればかりは致し方のないことだ

素直になれないのだから、どうしようもない

あなたも好きかも:ブラックジャック この瞬間は永遠なんだ
 普段からそうだ

 戦場なら、尚更だろう

「あんたら、漫才師でも目指したら? そこそこ売れるんちゃう」「まんざいし? なにそれ」「知らんのかいな……って、まあ、そらそやろな」「なにがいいたいのか知らんが、行くぞ」「そうね

それがいいわ」 カインが一足飛びに飛び出したのに続こうとしたときだった

「一対四、だものね」 不意に聞こえたのは、ウルの姉の声であり、彼女ははっとした

あまりにも至近距離で聞こえたからだったし、予期せぬ発言だったからだ

「四!?」「そう、四

ウルちゃん次第だけど」 アーリアがなにをいいたいのか理解したとき、前方で震動があった

地響きとともに巻き起こった大地の変動は、凍てついた世界にさえ作用し、ムツミの周囲の地面がでたらめに隆起し、あるいは陥没していく

ムツミが慌てて飛び降りたところをカインの放った火球が襲いかかるが、瞬時に凍結した空気が防壁となり、火球を受け止めた