戸越銀座 パチンコ 駐車場

戸越銀座 パチンコ 駐車場

 代わりにまったく同型を配備したんだって」「まだ大いなる翼の格納庫なんだな?」「そういうことよ

山口君と銀海老ちゃんが来るのを っと……来た来た」近くの壁が四角く開いて、小さな男の子と手を繋いだプレートメイルを着こんだ山口が入ってくる

あなたも好きかも:パチンコ 負け 記録
背中にはしっかりと鞘に入ったエパータムが背負われている

あなたも好きかも:エヴァンゲリオン パチンコ 天井
小さな男の子は、俺たちを見ると駆けてきて金髪の頭に生えたネコミミをピクピクさせそしてクルッと周って、ズボンの尻の部分から出ている長い猫の尻尾を見せてきた

「もっ、もしかして銀海老!?」「うむ、そうだよ」そう言った男の子は緑の目をくりくりさせて微笑んだ

「いいでしょ!?結構頑張って、数時間で培養したのよ! このくらいのサイズなら、何とかなるから」「あのさ、ネコミミは何で……」「化け猫たちの人間状態のフォルムが 遺伝子が複雑じゃなくて、流用しやすかったから それで作ったら、成功しましたぁ!」目を輝かせて言ってくる美射に脱力しながら「な、なあ、嫌な予感がしてるんだけど……」「大丈夫よ?但馬には、言っていた通りに 女の子の物理体を準備してるから

 子供じゃ嫌でしょ?今、現地に搬送させてるところだから もうちょっと待ってね」「男なら、別に子供でも……」「但馬、ダメだ

もう聞こえてないな」山口が首を横に振ってくる

美射は上の空でどこかと、連絡を取り始めたようでブツブツと独り言を言い始めた

あなたも好きかも:タイガー パチンコ
山口が苦笑いしながら、操縦席に行って「幽鬼国、首都へ頼む」と告げると、黒塗りのユーフォーは浮上し始めた

「エパータムちゃんは今、寝てるところだ

 連れていくことは了承して貰ってる」ソファを出して座った山口が鞘に入ったエパータムを膝の上に乗せて言ってくる

俺も隣に座って「今のところ、銀海老と山口だけだよな? 他には誰が?」銀海老は人間の身体が面白いらしく、走り回っている

人間とは言え、ネコミミは生えているが……

「それも現地に着いてからのお楽しみだ