パチスロ ララ 謝罪

パチスロ ララ 謝罪

あなたも好きかも:オンラインゲーム 月額料金
いつの間にか、俺の隣のナンカイは寝ていて上の段のセイもまったく反応が無いので寝ているのだろう

明け方に幽鬼たちが、酒瓶などを綺麗に掃除した後に跡形も残さずに去り始めてようやくホッとする

緊張が解けると猛烈な眠気が襲ってきたが、襖の穴から辺りを確認して屋敷内の気配も探ってみて、無人なのを確認しようやく襖を開けて、外へと出る

いやー……長かった

あなたも好きかも:パチスロ テラフォー マーズ 導入 日
しかし肩透かしであってよかった

寝ているセイと、ナンカイを両脇に抱えて屋敷の裏口から出ていく

蔵の扉をコツコツと叩いて開けるとなんと、ナーニャが顔を出してきた

「あ、お父しゃん……おはよー……」恥ずかしそうに言ってくる娘の横からシズカ姫が顔を出してきて、申し訳なさそうに「……あ、おはよう

ごめん、にい 不測の事態が起きたら、ナーニャちゃんが必要だと思って あの後すぐに、二人でこの蔵に戻ってきてたんだ」「……」ちょっと眠気で頭が回らないが少し考えて、怒っても仕方ないだろうなと「……うん

まあ、何事も無かったし、いいよ

 それより寝たい

ナンカイさん蔵の中に入れたら セイと俺を家まで連れ帰ってくれない?」「良いけど、ケムタさんが、朝ごはん用意してくれてるよ?」「……分かった

じゃあ、それ食べてから帰ろう……」その後、俺は殆ど朦朧としながらナンカイとセイを蔵の中へと運び込み、その後、ケムタが作ってくれた朝ごはんを薄れる意識の中、ご馳走になり、次に気づいたときにはナーニャの背中に揺られて、朝のキョウの街を屋根の上を跳躍しながら高速移動していた

あなたも好きかも:ブラックジャック ゾーン
ナーニャ、力強く成長したな……お父しゃん、嬉しいぞと朦朧とした頭で微かに思考した後に再び意識を失った

……シズカ姫たちの屋敷の寝室で、目を覚ました

辺りはまだ明るい

起き上がって、フラフラと廊下を歩いていき庭の見えるいつもの居間へと行くとちゃぶ台での周囲に山口が一人で座りお茶を飲んでいた

「お、起きたか

大変だったんだって?」その反対側に座って「大変だったわ……セイたちは?」山口は難しい顔をして「さっき、そのナンカイとか言うやつの屋敷に もう一回行ったぞ?」とんでもないことを言ってくる