ルパン パチスロ 溝の口

ルパン パチスロ 溝の口

周囲に防壁が建てられているのは他の街と同じで、街の入口から工場の煙突や巨大な倉庫が見えるのも他の産業革命の影響で発展した街と変わらない

 産業革命が起きたのはオルトバルカだが、隣国であるラトーニウスや、フィオナ機関を輸出されたヴリシア帝国も徐々に発展を始めている

ただし、やはり一番最初に発展したオルトバルカ王国には追い付けていないらしく、後塵を拝する格好になっている模様だ

「ひとまず、朝食にいたしません? 腹ごしらえも大切ですわ」「それもそうだな………」 慌ててトラップを回収して森を後にしたため、朝食はまだ摂っていない

カノンに朝食を摂るべきだと提案された瞬間に鳴り始めた自分の腹の音を聞き、顔をしかめた俺は、同じく空腹の仲間たちを見渡しながら苦笑する

あなたも好きかも:ゼロゼロナイン パチンコ
「ステラにもちゃんとご飯をあげるからな

………さすがに街中じゃ拙いから、管理局の宿泊施設につくまで我慢してくれよ?」「はい

頑張って我慢します」 街中でステラにご飯はあげられない

なぜならば、彼女の主食は普通の食べ物ではなく魔力だからだ

しかも魔力を吸収するためには生まれつき刻まれている刻印を相手に触れさせなければならない

あなたも好きかも:青鬼 スロット グラビア
 ステラの場合、刻印は舌に刻まれているため、魔力を吸収するには相手に舌を触れさせながら吸収しなければならない

だから彼女が食事をする際はいつもキスされるんだが、そんなことを街中でやったら大問題になる

あなたも好きかも:ゴッド パチンコ 振り分け
 だから、彼女の食事は場所をちゃんと選ばなければならなかった

 我慢してくれると言ったステラの頭を撫でると、ステラは嬉しそうに微笑みながら顔を赤くする

以前までは無表情が普通だった彼女だが、一緒に旅をするようになってからは段々と感情が豊かになりつつある

 もう少ししたら、もっと笑ってくれるだろうか