烈火の炎 スロット 感想

烈火の炎 スロット 感想

あなたも好きかも:ゴールド・トロフィー 2
「先輩殺したヤツさえ捕まえればその辺のことはわかってくるんやろうけど、なんや……このガッコ、正直言って、奥深いとこにドス黒いモンが潜んどる気がするなあ……

ボンボン校やからかなあ……」 どこかうんざりげに、ため息混じりに吐き出した一平は、俯く隣の優樹を見下ろして「……はは」と取り繕うように笑った

「ま、オレの気のせいか

おまえらの方がこのガッコ、長いンやしな

あなたも好きかも:創世のアクエリオン スロット 初代
状況わかっとるわな」 「な?」と、軽い口調で相槌を問うが、優樹は踏み出す爪先を見つめたままで顔を上げない

あなたも好きかも:厚木市 パチンコ
 一平は間を置いて、グイグイと肘で優樹の肩を押し揺らした

それで封を解いたように優樹が顔を上げると、一平はにっこりと笑った

「地面ばっか見とったら、どこにぶつかるかわからんぞ? 道の先を見ンとな」 優樹はキョトンとした表情で目をパチパチとさせ、間を置いて情けなく笑った

「……うん

……そうだね」「せやせや

余裕でおれ、余裕で」 笑顔の一平に優樹は「……うん」と微笑み頷いた

 なんとなく心が軽くなるような、そんな雰囲気

……のその時! ――ドサッ!! という音と同時に二人はビックリして足を止め、驚いた優樹は咄嗟に一平の服を掴んだ

 ――いきなり二人の目の前に教科書が落ちて来て、1メートルもない距離の向こうの地面で砂埃をあげた

 周りを歩いていた数少ない生徒たちも驚きを露わにしたが、ジロジロと窺いながらも関わらないようにとすぐにその場から歩いて行く

 優樹はバクバクと速くなる心臓を押さえるように、数回深呼吸をして、掴んでいる一平の服を握りしめた

「なっ……、なんやっ!?」 一平は顔をしかめると、風でページが捲れる教科書から頭上に目を向けた

「いやぁー、わりぃわりぃっ!!」 三階の教室から、数人の男子生徒が笑いながら二人を見下ろしている