スパーク パチンコ イベント

スパーク パチンコ イベント

「まあ、中層上ってる内は大丈夫なんじゃない?」「おい、ふざけん……」雑な答えに文句を言おうとした瞬間にマロンが吹っ飛ばされてすぐ近くの壁に思いっきり叩きつけられる

心配して声をかけようとすると「まだいけますわ!!うおおおおおおお!!」マロンが壁を蹴って、族長に向け一気に突っ込んでいきまた激闘が再開された

あなたも好きかも:マンガ・インターネットカフェ・カラオケ バカラ 茨城県土浦市
「長閑な景色ですねー」「……まだ言うか」いつもの三倍イライラする

「お前さぁ、そんなんだったっけ?」「……そっ、そんなんとは……どんなん……」胸元でたじろいだドルナジャに「もっと細やかに気が利いて、いつも まともなことを考えていて、誰に対しても誠実じゃなかったか?」ドルナジャは何故か安どしながら「良かったぁ、それ、完璧に私だわ」「……」もう何も言えねぇ……しかし何だこの果てしない喪失感は……ドルナジャと話すほどにこんなんじゃなかったという悲しみというか、どうしようもない悔しさと切なさがこみあげてくるのは一体何なんだ……

目の前では、マロンと族長が激闘を繰り広げている

あなたも好きかも:パチンコ 京楽産業 新台
「ゲスナルドがそこまで私のことを理解してくれていたとは……」「……」謎の感動を胸元でしはじめたドルナジャにもはや苛立ちが燃え尽きて何かの悟りを開きそうになっているとマロンが傘の横っ腹で、族長の筋骨隆々とした体を弾き飛ばして、族長がこちらへと吹っ飛んでくる

人差し指で、その身体を受け止めてマロンの方へと思いっきり押し返した

「おー厳しいですなー」ドルナジャが茶化してきて、相変わらずルガゥは俺が背負っている荷物の上で「ガウ!グワァウ!」と調子に乗って吠えまくっている

俺の相手じゃない

マロンの対戦相手だ

俺としては可能ならば中層では一切戦わないつもりである

マロンに全て任せて、その戦いぶりを見守りたい

……決して、ナーシーで心が折れてしばらく休息したいわけではない