ブラックジャック 壁紙 スマホ

ブラックジャック 壁紙 スマホ

顔を叩いてそれらを振り払うと、僕の目はミラの小さな背中に焦点を合わせていた

脅威の接近、その予言

それらはミラの身体を確実に強張らせていた

たとえ自分で口にした言葉であっても、危険が迫っているという意味は当然緊張をもたらすものだ

あなたも好きかも:コードギアス スロット ゼロレクイエム 恩恵
「……っ

あなたも好きかも:スロット 一箱 何枚
ミラ……もし、また無理そうだったら……」 無理だった時は……という話を実行前にするのは不吉だろうか

でも、僕に出来るのはそれだけ——僕がかつて求められたのはそれだけだったから

ネガティブで、臆病で、空気が読めないくらい弱っちい

そんな情けなさこそが売りだと背中を押された以上、僕はそれと付き合って行くしかない

あなたも好きかも:パチンコ ネクスト桐林
不服だけど

「無理だった時のことはアンタが考えなさい

その場合、私は殺されてる可能性が高い

なんとか逃げられる様に手は打つけど、アンタはひとりで逃げ切る必要がある

そして、ひとりで世界を救う必要があるんだから」「そんな危な過ぎる橋なら渡るな……って言いたいんだけどな

じゃあ、無理になる前に拾いに行くから、俺のこと必死に守って逃げてくれよ」 ミラは何も返事せずに前を向いてしまった

肯定でも否定でも無い、それを決める権利を僕に委ねたと言われた気がした

じゃあ……僕はお前を全力で見守って、全力で助けに行って、全力で逃げよう

「——来る

アギト、アンタは伏せてなさい