パチンコ 闇金融

パチンコ 闇金融

そのタンクからはホースが伸びていて、それは彼が両手に持つ筒の後端へと繋がっている

あなたも好きかも:オンラインカジノ 失敗
 第二次世界大戦でドイツ軍が運用した、火炎放射器のM35だ

そんな代物を好んで使うバカを目にした瞬間、俺は彼の隣を通り過ぎるとともに叫んでいた

「ぶちかませ、木村ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」「分かってます(ヤー)!!」 次の瞬間、俺の背後が紅蓮の光で真っ赤に染まった

 立ち止まって後ろを振り向くと、やはり路地は火の海と化していた

あなたも好きかも:桜 新町 パチンコ
こんな路地で火炎放射器を装備して待ち構えているとは思わなかった哀れな敵兵は瞬く間に火炎放射器の炎に飲み込まれ、金切り声を上げながら火だるまになってのたうち回っている

 しかも炎が邪魔でまともに照準を合わせられないらしく、後続の歩兵はでたらめにアサルトライフルを乱射しているようである

そんな射撃ではこっちには当たらないし、銃声とマズルフラッシュの位置でどこにいるかがよく分かる

次々に木村の火炎放射器で火だるまにされ、他の仲間たちと同じく焼死体になっていくだけだった

「ふう…………久々に使いましたね、これ」「なあ、この敵って…………」「どうしたんです?」「再生してないぞ」「え?」 黒焦げになって動かなくなった死体にライフルを向けながら、俺は目を見開いた

 さっきまで、てっきり俺は敵兵は全員吸血鬼だと思っていた

しかし木村の火炎放射器による攻撃では吸血鬼を殺すことはできない筈なのに、俺たちの目の前で黒焦げになっている焼死体の群れの中で起き上がろうとしている奴はいない

あなたも好きかも:パチンコ 辞め方 2ch
 まさか、こいつらは人間なのか…………?「そんなバカな」「人間が吸血鬼の味方を…………?」 考えられないことだ

人間にとって吸血鬼は天敵でしかないのに、なぜ味方をする? さらに、俺はもう1つ違和感を感じていた

「なあ、随伴歩兵の人数は何人だっけ?」「確か10人くらいでしたね」 俺たちの目の前に転がっている焼死体の数は、明らかに10人以上

擱座したレオパルトの乗組員も参戦したとしても、明らかに多すぎる

 次の瞬間、何の前触れもなく路地の向こうにあった小さな建物が倒壊した

砲弾でも着弾したのかと思ったが、着弾したにしては爆炎は見あたらない

 しかし倒壊する建物の瓦礫の向こうから巨大な砲身が姿を現した瞬間、俺と木村は同時に絶句する羽目になった