スロット 十字架 打ち方

スロット 十字架 打ち方

しかし一般的には魔法陣は平面、何かに記述されているもの、アンデルク城に存在する魔法陣も基本的に床や壁に描かれたものであり平面的なものであるが……夢見花の展開した魔法機構は球体の魔法陣である

「その魔法陣、何? あり得ないと思うんだけど……」「立体魔法陣

普通に魔法陣を書く場合、魔法陣に組み込む機構が多い場合、必ず大きくなる」「……そうだな

あなたも好きかも:パチスロ トゥームレイダー
基本的に魔法陣を使う場合、必要最低限の機能のみを描く

あなたも好きかも:ランボー パチンコ
複数の機能をつけるとその分魔法陣に記述する内容が増える

当然魔法陣の大きさは大きくなる

そうなると魔法陣を置いておく場所の問題が出てくるな」 魔法陣に機能をつければつけるほど魔法陣は大きくなる……道具だって様々なオプションがつくほど物の数は増え、それをしまう箱の大きさは大きくなる、それと同じ

あなたも好きかも:川崎市幸区 パチンコ
一つの魔法陣に様々な機能をつけようとすればするほど、それをしまう……つまりは機能として有する魔法陣に描くべき記述は増え、結果魔法陣は肥大化する

特に魔法陣は陣、ただ記述すればいいというわけでもなく、それぞれの機能の干渉や交差などを考えなければいけない

安定化、一本化、様々な要素もあって簡単な話ではない

なんだかんだで魔法陣はちゃんとしたものを作るのはなかなか大変なのである

 しかし、それは一般的な普通の形の魔法陣の場合

サイコロを思い描けばいい

サイコロの形を解体し平面にすると横に広がった形になるが、それをまとめ立方体にすればかなり大きさ的には圧縮される

縦横の二次元に高さが加わり三次元となる、立体魔法陣とはつまりそうした平面から立体の形にすることで魔法陣の記述を圧縮できるようにした魔法陣である、ということだ