ゴッド スロット 設置店

ゴッド スロット 設置店

しかし農場が落ち着くまでとリューベックの実家にいた母アンリエットとモルトケたち兄弟は、ドイツ・ポーランド戦役で侵攻して来た仏軍により街を荒らされ(1806年11月)、屋敷は戦火を被って焼け落ち、命辛々逃げまどった末に一時は難民状態で困窮の日々を過ごしました

 父はデンマーク軍でそれなりに昇進して1833年にはキール地区の司令官になり1839年、退役時昇級で中将となり退任しますが、ぱっとせず目立たない平凡な人物だったと伝わります

あなたも好きかも:パチンコ 会員カード 貯玉の仕方
 逆に母アンリエットは才能豊かで見目麗しく数ヶ国語を操る才女だったそうで、モルトケはこの母親の影響を色濃く受ける事になりました

アンリエット・ゾフィー・フォン・モルトケ(母) しかし、幼少期は考古学者に憧れたモルトケ(22歳下ですがトロイヤを発見したシュリーマンもメクレンブルク=シュヴェリーン出身です)ですが、苦しい家計にそのような悠長な勉強をさせる余裕はなく、モルトケは11歳の時、次兄と共に父の顔で奨学金が出るコペンハーゲンのデンマーク陸軍幼年学校に入学しました

しかし体が弱く繊細で優しい性格だったため、この時期は辛い思いをしたようです

後の活躍を思えば不思議な事に軍事関係の授業は苦手で「軍人向きではない」との評判だったと言います

あなたも好きかも:サムライ チャンプルー パチンコ
 軍隊生活は少々合わなそうだったモルトケですが、奨学生だったために軍へ入隊するしか道はなく、デンマーク宮廷の近侍勤務を1年行った後、士官学校卒業順位4位でデンマーク軍少尉としてホルシュタインのオルデンブルクにあった歩兵連隊付として長い軍歴をスタートさせました

あなたも好きかも:dmm オンラインゲーム キャンペーン
 しかし当時のデンマークは衰退の一歩を辿っていて、ナポレオン側に立って戦っていたため敗戦により現在のノルウェー地方が独立し現在に近い小国に没落しており、逆に元々の母国プロシアはイギリスと並びナポレオンに勝って大国の仲間入り、モルトケも出世の可能性がないデンマークを見限ってプロシア軍の士官採用試験を受け見事合格、22歳で晴れてプロシア軍に転籍しました

モルトケは歩兵第8「親衛(Leib)/ブランデンブルク第1」連隊の少尉としてフランクフルト=アン=デア=オーデルで勤務を始めます

父親が元プロシア軍大尉、プロシアとデンマークの二重国籍者でデンマーク語と同国軍を知っていたために入隊を許可されたとも伝わります

 当時は国籍を越えて軍に入ると言うことはそんなに難しい事ではなかったんですね

モルトケもそうですが、プロシアは本当にラッキーだったと思います

 ただし、ここで面白いエピソードもあり、後の国王ヴィルヘルム1世(当時の国王は父のフリードリヒ・ヴィルヘルム3世)は1824年に中将・第3軍団長となったためモルトケの所属した歩兵第8連隊も隷下となり、この連隊を閲兵したヴィルヘルム親王は金髪で背は高いものの痩身で弱々しく見えたモルトケ少尉を見て「このデンマーク人はまずい拾い物だったな」とつぶやいたそうです

モルトケ少尉(22歳) 国王の次男ヴィルヘルム親王には認められなかったモルトケですが、連隊では頭脳明晰と認められ、翌年陸軍大学に推薦され入学しました

時の校長は「戦争論」で有名なあのカール・フォン・クラウゼヴィッツ少将です

ところがモルトケは高名な校長にもそっけなく、専ら文学や語学、地理学など一般教養に熱中していたと言います