ブラックジャック 歌 月光花

ブラックジャック 歌 月光花

魔獣でない獣を意識して来なかった僕達にとって、その異変は気付きにくいものだったのかもしれない

でも……「……なんだか、マーリンさんみたいな言い回しするね

道理は無かった……とか

なんとなくだけど」「へ? そ、そうでしょうか」 真似っこはお前の根っこ、レヴが編み出した人々に溶け込む為の手段だからな

お姉さんの真似の次はマーリンさんっぽい振る舞いを……って

これは多分、純粋な憧れから無意識にやってるだけだろうけど

さて……それはいい

問題なのは、ミラがこの異変に気付けていなかったという点

いつもあれだけ周囲に気を配っていたミラが、今の今まで……僕に言われるまでそのことに気付かないなんてあるだろうか

あなたも好きかも:パチンコ 閉店 後 清掃 バイト
視力も、嗅覚も、聴覚も

あなたも好きかも:パチスロ 信大
どれも桁外れた感度で情報を拾い集めている

あなたも好きかも:鬼武者3 スロット ロデオ
そして、そのどれもが健在である様に見えるのだから……「……? アギトさん……?」「あ、いや……やっぱり変だなー……って」 そうですね……? と、首を傾げられてしまった

同じことしか言ってない……僕もちょっと浮き足立ってるな

この異変は多分、ミラの意識の問題なのだろう

勇者らしい振る舞いを……と言うのも一つ

もっと大きそうなのは、僕と言う何に変えても守らなければならない存在がいなくなった……ってことだろうか

ミラのあの異常なまでの過保護は、そもそもはレアさんとの約束を守る為にやってたものだ

そして段々と、自分の居場所を守る為に……って変化していった

色んな理由があって、アイツはどうあっても僕を守らないといけなかった……んだろうな、自分でこういうの…………なんか嫌だけど