パチンコ せん げん 台

パチンコ せん げん 台

翁の慈悲だ

有難く頂戴しろ」 それだけ言って男は屋敷の扉を閉めた

僕は恩に対して初めて頭も下げず、睨みつけてからその好意に甘んじることにした

西へまっすぐ

癪に障るがこの際仕方がない

僕はミラの足をしっかり抱えて走り出した

夕日は遠くに見えるが、眼下に広がる街並みは紅ではなく灰色をかぶっている様に薄暗かった

僕らは辿り着いた五階建ての宿で、最上階の広い部屋に通された

あなたも好きかも:ギアス スロット 設定判別
この街には電話か何か、あの屋敷から連絡を入れる手段があるのか

あなたも好きかも:猛獣王 スロット 4号機
はたまたもっと別の要因で支配人は僕らを優しく出迎えたのかはわからない

僕は並んだ二つのベッドの窓に近い方へ彼女を寝かせた

あなたも好きかも:ホット・ブリザード
「大丈夫か、ミラ? 苦しいとか、痛いとことか無いか?」 返事もリアクションも無い

彼女はごろりと僕に背を向ける様に寝返りをうって、そのまま黙り込んでしまった

ノーマンというあの壮年の男にこっぴどくやられた事が堪えているのか、魔術の使用でまた参っているのか

それとも…………あの翁と呼ばれていた少年の言葉が……「……ミラ」 縮こまって余計に小さくなった背中に、僕はかける言葉の一つも思い浮かばなかった

彼女の側に腰掛けて、窓の外遠くに見える大きな屋敷を呆然と眺める