リング スロット 打ち 方

リング スロット 打ち 方

気にしすぎだと思うけれどなあ」 考助はそう言いながら護衛のために傍に立っていたコウヒを見た

あなたも好きかも:スロット まどマギ3 セリフ
 視線を向けられたコウヒは、特に表情を変えることはなかった

 そのふたりを若干苦笑しながら見たフローリアは、更に続けた

「まあ、とにかく、コウヒとミツキに関しては、最終手段とすればいいだろうさ

ミアだって、まだまだ試すことはあるのだろう?」「勿論!」 フローリアの言葉に乗っかるように、ミアは勢いよく頷いた

 単に沈んでいた気分に任せて愚痴を言っていたのだが、その勢いに乗ってコウヒかミツキに借りを作るようなことはしたくはない

 もっとも、コウヒとミツキは考助のいうことはなんでも喜んで聞くので、ミアが借りだと考えるのは一方的なものでしかない

 それでも、代弁者を好きにしていいとは思えないのだが、それは致し方のないことだろう

 なにしろ、この世界において代弁者とは、神に次ぐ存在なのだから

あなたも好きかも:ヴァルブレイヴ パチンコ 保留
 そういう意味では、現人神である考助はさらに自由にしていい存在ではないのだが、そこはそれである

 血の繋がった存在に対して距離を置くのもおかしいし、何よりも考助本人がそういう態度を嫌がるのは目に見えている

あなたも好きかも:パチンコ 花の慶次 漆黒 保留
 まだ心配そうな顔を向けてくる考助に、ミアはばつが悪そうな顔になって横を向いた

「あまりにも変化がないから、少しだけ落ち込んでいただけだから、そこまで心配しないでください」「そう? それならいいけれど・・・・・・」「いいんです! どうせ長丁場になることは分かっているんですから

・・・・・・たまにはこういうこともあります」 短期間で塔のレベルの最高まで上げてしまった考助は、例外中の例外だ

 なによりミアは、自分が父と同じように神と呼ばれる存在になれるとはかけらも考えていない