爆さい パチンコ

爆さい パチンコ

○第4軍団 軍団本営が早朝命じた通り午後2時から進軍し、近衛軍団同様、大雨と泥濘に悩まされながらも夜半までにイペクール(ドンバルの南11.5キロ)及びその西南西4キロのフルーリー(=シュル=エール)まで到達し野営に入りました

*独第三軍 第三軍はこの26日、普大本営が25日午前11時に命じた通りに進軍しました

○騎兵第4師団 本隊はシャロン市街へ進軍します

あなたも好きかも:テーブルゲーム 新発売
師団本営は前日ライン竜騎兵が発見し、仏軍からの思わぬプレゼントとなっていた糧秣を確保しようと、騎兵1個中隊をシャロン演習場のムールムロン地区へ送りました

 師団は右翼側のクルティゾルでW騎兵旅団と、その北側シュイップでマース軍の騎兵第6師団とそれぞれ連絡を取り合い、師団の境界を仏軍に抜かれぬようにしています

あなたも好きかも:パチンコ ケイズ 大高
 ランス郊外まで進んでいたフォン・クロッケ少佐の竜騎兵2個中隊はこの日市街を周辺から観察し、「市街地には敵が駐在している」(これは先述通り仏第13軍団の前衛です)ことを報告するのでした

 一方、師団長の王弟アルブレヒト王子は槍騎兵第10連隊から小隊規模の40騎を抽出し、これをフォン・ヴィーゼ・カイゼルス=ヴァルダウ中尉に預けるとランスの南、エペルネー(シャロンの西北西31キロ)の市街地まで送り、「市内を抜けるマルヌ鉄道を破壊し、仏軍に関連する郵便物や金庫を押収せよ」と命じたのでした

 ヴィーゼ中尉は順調にエペルネー郊外に達すると、市街の城門を抵抗なく占領した後、市内の市場に進みましたが、ここで護国軍兵士と市民が渾然一体となった民兵により襲撃されてしまうのです

 ヴィーゼ中尉は短くも激しい抵抗をした後、自身は銃創を負うものの部下と共に敵の罠から逃れ、シャロンへ帰還しました

この時、士官1名と下士官兵5名が負傷し仏護国軍の捕虜となってしまいました

○騎兵第2師団 本軍の遥か左翼(南)を進むこの騎兵師団は、前日野営地のシャヴァンジュからイスル=オービニー(トロアの北北東29キロ)へ進み、前衛は更にトロア北西近郊12キロのセーヌ河畔ペインに進んで、パリに達する幹線のセーヌ鉄道に対し破壊工作を行いました

○第5軍団・本隊 前日と同じエイツ地方(ヴィトリーの東北東15キロ周辺)で宿営し待機します

・前衛(第9師団)ヴァノー=レ=ダム(ヴィトリーの北東19キロ)及びヴァノー=ル=シャテル(レ=ダムの北西4キロ)で野営しました