パチンコ ありえない

パチンコ ありえない

 しかし、確かにそれは正しい事だろう

壁などを張らなかった場合、外から幻獣・魔物や部外者が乱入する可能性がある

 邪魔が入ってはゲームに集中など出来る訳もない

 支配者クラスとなると、フェンリルが成長すればそのレベルに達するが、このフェンリル……フェンはまだまだ幼い

とても支配者レベルではないだろう

「……知らない」 リヤンは本当に分からない為、正直に答える

 そもそも、壁の事自体分からなかったのだ

あなたも好きかも:スロット ワルプルギスの夜 曲
 確かにフェンリルとユニコーンは"レイル・マディーナ"近隣の森に置いてきた筈である

あなたも好きかも:カジノ で 大儲け
だがしかし、どうやってか、この場所にフェンリルとユニコーンはやって来たのだ

あなたも好きかも:パチンコ ダイエイ 元町
「そうか……?」 ジュヌードは訝しげな表情をするが、納得はした様子だ

 特に否定しない理由はそれは恐らく、ジュヌードが持つ自信からだろう

「まあ、連れ込んでいたにしろ、そうでないにしろ……関係無ェよな? 相手に幻獣《ぶき》が手に入ったならそれはそれで面白そうだ……!!」 そして、相変わらず幻獣に対し道具のような言い方をして話す

 その言葉にリヤンはますます腹が立つ

 その怒りを込めて、フェンリルとユニコーンに指示をする

「フェン! ユニ!」『ワオオォォォォン!!!』『ヒヒイイィィィン!!!』 リヤンの合図に従い、フェンリルとユニコーンはブラックドッグ、イフリート、タキシムへ駆け出した

『ガルルァ!!!』『グルルァ!!!』 フェンリルとブラックドッグが互いに吠え、互いの首筋に食らい付く

 本来の狼というのは、群れを増やすときに群れに入りたがる者の首を噛む事で味方に率いれる

 だが、ブラックドッグは操られている為、首を噛まれてもフェンリルを味方とは思わないのだろう