マイナンバー パチンコ

マイナンバー パチンコ

逆のものを下さい」「イブメリアの前日だ、準備しておけよ」「………その日がアルテアさんのお誕生日となると、ウィリアムさんとノアも同じ日なのですか?」「ん?………ああ、俺もアルテアと同じ日にはなる訳だし、そういうことになるな」「ふむ

合同誕生会ですが、祝祭日でもあるのでさくっと開催しましょうね」「わーお、祝祭日の方が順位が上なんだ」「むぅ

明確にそちらを優先する程冷酷ではありませんが、気がそぞろになります」そう白状したネアに、ノアはぽんと手を打った

「じゃあ、僕はイブメリアの翌日ってことにするよ

その日に二人でお祝いしよう」「何でお前と二人きりなんだよ」「アルテアは使い魔だし、祝祭の片手間でいいんじゃないかな」「そうだな、俺も祝祭日周りは忙しいかもしれないから、別の日にじっくりとやって貰おう」「おい、ウィリアム………」「むむぅ

あなたも好きかも:パチスロ 1の日
誕生日が自己設定の文化となりました

そして、誕生日と言えばもうすぐエーダリア様もお誕生日ですね」「………去年はお前に追い回されたな」「あら、逃げるのでディノに捕獲して貰ったまでです

あの頃のエーダリア様はディノに夢中でしたので、良い体験だったと…」「やめてくれ」「ネア、やめて………」わいわいしながら、宴は和やかに続いていった

あなたも好きかも:パチスロ 偽 物語 pv
途中でウィリアムが騒乱の気配を感じて眉を顰めていたが、まだ放っておける段階だと知り無視する方針となったようだ

あなたも好きかも:偽物語 パチスロ
ふっと視線を感じて見上げると、無防備な喜びに彩られた魔物の瞳がある

ネアの視線が合っただけで嬉しそうに微笑む魔物は、まだ手の中に術符ケースを握り締めたままだ

(きっと、………もっと高価なものや希少なものだって、幾らでも貰えた筈なのに)それなのにこの魔物は、バースデーケーキが切られないように守ろうとしたり、可愛らしい贈り物にはしゃいだりする

その無垢さに胸が打たれ、ネアは微笑みを深めた

(私の、大事な魔物

あの日この魔物に出会えて、本当に良かった)「ディノ」ちょうどみんなはあれこれ話しているので、こそっと名前を呼ぶと、魔物は綺麗な目を、ん?と瞠ってこちらに寄ってきた