パチスロ 鉄拳 2nd 解析

パチスロ 鉄拳 2nd 解析

不必要な情報を与えて足手まといにするのは宝の持ち腐れだ」「あのジェスタッフ=ヘリオドーラが随分と一個人を可愛がるのだな

良い拾い物をしたようだな」「お前さんこそ随分とあいつに興味を持っているようじゃねぇか」「その辺は事が済んでからで良いだろう

本題に移ろう」 ジェスタッフの表情がひときわ険しくなる

 彼にとってこの企ては先祖から続く悲願、そして自らの人生における最大の苦難でもある

「蒼の魔王を抑えた者がゼノッタ王と協力しギルド内を探っているそうじゃねぇか」「そのようだな」「既に儂やロービト、チェニヤスの存在にまで勘付いているようだった

あなたも好きかも:ハルヒ パチンコ ど つき
何故儂らにそのことを伝えなかった?」「そこまで辿り着いていたか

なるほど、ラーハイトを二度も追い込んだのは偶然ではなかったというわけか」「質問に答えねぇかっ!」 ジェスタッフは机を強く叩く、だがその怒声で怯む者などこの書斎にはいない

「伝えたところで意味があるのか? この計画はお前の一族にとっての悲願、もとより細心の注意を払って行動していたはずだ」「少なくともハッサにはその場を引かせていた、てめぇの不手際で人手が一人減っちまっただろうが」「ラーハイトが上手く抜け出せる可能性を考慮すれば必要な犠牲だろう」「減らず口を……どうするんだ、このままいけば十中八九計画がバレたままで事を迎えることになるぞ?」「臆したのか? お前が降りると言うのならば別の者を立役者として用意するだけだ」「誰が降りると言った」「そうだろうな、モルガナイズ家やゴシュナイト家と比べヘリオドーラ家の業は深い

何せ亜人最後の王族の血筋だ」 魔王達が出現した際、いがみ合っていた人間と亜人は手を組んだ

 しかしその際に多くの亜人達は逃げる選択肢を取っていた

 獣の血が混ざる亜人は本能が鋭く、勝ち目のないことを人間達よりも早く察知していたのだ

あなたも好きかも:茨城 スロット イベント
 事実魔王達の侵攻をまともに防ぐことは人間にも亜人にも不可能だった